阪神、FA・外国人の補強は、清宮選手の獲得を見て

清宮幸太郎, 阪神

阪神は外国人選手、またFAの補強については、ドラフト会議での清宮幸太郎選手次第となることが分かった。

一塁手

阪神は補強ポイントとしている一塁手について、中日を退団しそうなゲレーロ選手、また韓国ハンファのロザリオ選手、またドジャースのセゲディン選手などを調査しているが、ドラフト1位で指名をする清宮幸太郎選手の抽選を外した場合に、これらの選手の絞り込みをしていくという。

またFA権の行使が注目される北海道日本ハムの中田翔選手について、現時点では補償が必要なFAでの獲得は消極的というが、清宮選手を外した場合、また外国人選手の獲得状況によってあらゆる可能性を考慮し、調査は行っていくという。

ドラフト会議での清宮選手の獲得の状況により、阪神の補強戦略も動き始める。

阪神タイガースのドラフト会議

阪神の今オフの補強戦略は「清宮待ち」であることが17日、分かった。26日のドラフト会議で早実・清宮幸太郎内野手(18)を1位で指名することを公表しており、球団首脳の一人は「清宮の抽選が当たるかどうかで(補強も)変わってくる。外国人も、ドラフト終了後になる」と説明した。


PAGE TOP