阪神、金本監督が因縁のドラフト抽選に臨む

清宮幸太郎, 阪神

阪神は金本監督が、清宮幸太郎選手の抽選に臨む。運のいい人とたくさん会い、お参りにいくと話した。

1位指名抽選へ

阪神は清宮幸太郎選手のドラフト1位指名を公表しており、この日、金本監督も「うちはもう清宮1位指名で決定しています」と話した。その上で誰が抽選を行うのかについて聞かれると、「先ほど社長がくじに行って下さるとお聞きした」と話し、隣にいた四藤球団社長に無茶ぶりをした。

しかし金本監督は「何とか運がいい人と出会って、お参りにいって、当たりくじを引けるようにしたい」と話し、自らが抽選に臨むことを明らかにした。

2015年のドラフト会議では、明治大・高山俊選手の抽選で、自らがくじを引き当てていたものの、隣の真中監督がガッツポーズをし、自らはくじを確認しないで席に戻り、後に真中監督の勘違いだとわかり苦笑いでインタビューをしていた。

今年も東京ヤクルトが清宮幸太郎選手の1位指名が確実。今度は小川監督なので大丈夫かも!?しれないが、金本監督が当たりくじで会心のガッツポーズを見せられるか。

阪神タイガースのドラフト会議
2017年度-特Aランクのドラフト候補リスト

金本監督、清宮引く デイリースポーツ紙面 2017/10/19

PAGE TOP