高校野球・宮城大会(2015):ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 昨年秋は仙台育英が全国制覇し、春の大会でも県内では相手がいないように見えるほど実力が高い。そしてプロ注目選手も仙台育英に集まっている。ドラフト注目度はB。

地区

 東北高校がやや力を落とし、利府や東陵などが力を付けているものの、仙台育英の選手の層が頭一つ出ている。しかし、その仙台育英を苦しめた登米高校などが隙を窺う。東陵は悪質な暴力事件で出場停止となっている。

 

注目選手

 仙台育英のエース、佐藤世那投手は最速144km/hの速球と鋭く落ちる変化球を投げ、センバツでも神村学園を完封、2回戦では優勝した敦賀気比を2失点に抑える好投を見せた。春季東北大会で盛岡大付に5回途中7失点と乱調だったが、高校生の中ではトップクラスの力がある。ただしテイクバックの大きなフォームや、ものすごい特徴のある球というものでもないため、大学、社会人で成長をという声もある。

 平沢大河選手は守備でも打撃でも思い切りの良さと素晴らしいパワーや運動神経を感じさせる。ただし、打撃では悩みだすと当たりの止まる時間が長く、守備でも思い切りのよいプレーと強いスローイングも悪送球と紙一重の場面もある。プレーに粗さは見られるものの、これだけバットを振れる選手も投げられる選手もそれほどいない。ドラフトで指名は確実といえる。

 郡司裕也選手もせ180cm80kgの捕手で、体の強さや鋭い振りは将来頭角を現しそうだ。どんどん鍛えていきたいと思わせる選手。

 

その他の注目選手

 登米高の白岩聖隆投手は187cm77kgの大型投手、球速は130km/h台だが変化球とのコンビネーションで打ち取り、春はベスト4まで勝ち進んだ。また2年生の菊地圭佑投手も中学時代に全中に出場した投手で、春の仙台育英戦で好投を見せた。

 泉高校の大塚康平投手も180cmから139km/hの速球を投げる力のある投手。利府の万城目晃太選手は小柄ながらパンチ力のある選手で足もある。東北高校の石井昭仁選手は通算20本以上を放ち、練習試合でもホームランを放っているものの、春は地区予選を勝ち抜けなかった。中学時代から注目されていた選手だけに最後の夏に期待したい。

2015年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント