箕島の150キロ右腕・中川虎大投手、初戦は和歌山高専

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

夏の高校野球和歌山大会の組み合わせが決定した。箕島高校の中川虎大投手がプロから注目されているが、初戦の相手は和歌山高専に決まった。

プロ注目右腕

中川虎大投手は178cm78kgの右腕で、この春の練習試合では阪神、オリックスなど4球団が視察をし、球速も150キロを記録した。中学時代に遊びが楽しくなったと一度野球から離れたり、春季大会では5回10失点をするなど、野球選手としてはまだ成長途上にある選手だが、名門・箕島高校の主将として83人の部員を束ねている。

得意のスプリットも磨きがかかり、「いつも2桁は取っています」と三振を奪う事に自信を示す中川投手、「小さいころから甲子園で試合をするのが夢だった」と話し、最後の夏に向けてスタートを切る。

和歌山大会展望

智弁和歌山、市和歌山、和歌山商など強豪がひしめく。箕島はノーシードからの戦いとなるが、ともに勝ち上がれば準々決勝で和歌山商と対戦する事になる。

2017年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

阪神、オリックスなど4球団が視察した今春の練習試合で自己最速を更新する147キロを計測した。自慢の直球と、楽天・則本の握りを参考にしたというスプリットとの組み合わせで三振の山を築く。三振数は気にしないというが「いつも2桁は取っています」と自信をのぞかせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント