148キロ左腕・山田龍聖投手が降板、巨人、オリックス、広島、ヤクルトが視察し注文も

高岡商, 山田龍聖

最速148キロの速球を投る左腕投手として、期待をされている高岡商・山田龍聖投手が富山国際大付戦で登板したが、7回途中で降板する内容に、視察した4球団のスカウトからは注文の声も挙がった。

自信をもって

高岡商・山田龍聖投手は高校2年時に147キロを記録し、昨年夏の甲子園でも威力ある球を投げ込んだ左腕投手、今年はその成長と課題の制球難の克服が焦点となっていた。

冬にかなりのトレーニングをしたようだが、春にその結果が出ず首をひねっていた山田投手、この夏もまだ手ごたえが得られていないようだ。この日は富山国際大付との対戦で先発し、最速は142キロどまり、4回までは変化球を中心に抑えたものの、10-0とコールド勝利目前の5回に2つの四球と2安打を浴びて3失点、6回、7回も変化球を狙われて1点ずつを失って降板した。6回1/3を投げて9安打5失点という内容だった。

この日は巨人、オリックス、広島、東京ヤクルトの4球団のスカウトが視察し、オリックスの由田スカウトは「体の力、馬力があり持っているものはいい」と素質を評価した。広島の高山スカウトは「自分のタイミングをつかめば、まだ伸びる」と話し、「本当にプロに行きたいなら、自信をもってプレーしてほしい」と期待をする声も挙がった。

まだ、模索の中にいる状態にいる山田投手、しかし、何かを掴んでガラッと変わることも良くある。勝ち上がっていく中でそれを掴み、甲子園では手が付けられないような投球を見せてほしい。

2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-富山県のドラフト候補リスト

ネット裏では巨人、オリックス、広島、ヤクルトの4球団が視察。オリックスの由田慎太郎スカウトは「体の力、馬力があり、持っているものはいい」と話せば、広島の高山健一スカウトは「自分のタイミングをつかめば、まだ伸びる。本当にプロに行きたいなら自信を持ってプレーして欲しい」と期待を寄せた。


PAGE TOP