国士舘左腕トリオはが全員自己最速を記録、140キロ越えリレー

石井峻太, 草薙柊太, 井田尚吾

高校野球西東京大会では準々決勝が行われ、国士舘高校は左腕トリオが3人とも自己最速を記録し、140キロリレーを見せた。

左腕トリオ

先発したのはエースの石井峻太投手、181cmの本格派左腕で、シュートなど回転の良い球を投げる。この日は自己最速の142キロを記録し、国分寺打線を6回4安打2失点にまとめる安定感を見せた。

7回からは147キロ左腕の草薙柊太投手が登板すると、自己最速タイの147キロを記録した速球の威力抜群で、2回2/3を2安打無失点に抑えた。

そして9回2アウト1塁の場面で、井田尚吾投手が登板する。井田投手は169cmと小柄な左腕だが、この日は自己最速となる145キロを記録し、草薙投手と同じくらいの威力ある球で最後を締めた。

井田投手は「落ち着いて投げられた」と話すと、草薙投手も「小細工なしでストレートで行こうと思った」と話した。

左腕トリオ3人が全員140キロ以上の球を投げ、リリーフで登板する投手が先発投手を越える球威を見せる。左腕トリオが甲子園で登板できるか、あと2つまで来た。

国士舘高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

国士舘は3年生の左腕トリオの継投で国分寺打線を6安打2失点にしのぎ、4強進出を果たした。エース石井が6回を2失点にまとめ、プロ注目の草薙は最速147キロをマークするなど2回2/3を2安打無失点。最後は井田が締めた。3人とも直球の最速は140キロ超。草薙は「3人の力を合わせて勝ち進みたい」と2005年以来となる夏の甲子園出場を見据えた。


PAGE TOP