高岡商・山田龍聖投手が大阪桐蔭から11K、進路は「ゆっくり考えたい」

高岡商, 山田龍聖

高岡商の148キロ左腕・山田龍聖投手がベストピッチを見せた。大阪桐蔭打線を8安打3失点に抑え、11個の三振を奪った。

4番・藤原選手を4打数ノーヒット

山田龍聖投手が成長の後を残して、甲子園を去った。この日の大阪桐蔭戦で先発すると、球速は130キロ台(最速は144キロ)も、投げる腕が見えにいフォームと伸びるストレートをコーナーに決めた。2回には四球を出した後に3者連続三振、5回も1アウトから四球を与えたものの2者連続三振を奪った。

大阪桐蔭の注目打者・藤原恭大選手、根尾昂選手は左打者、これまでの試合で快音を残してきた二人だが、山田投手に対しては非常に打ちづらそうで、藤原選手は4打数ノーヒット2三振、根尾選手も3打数1安打に抑えた。藤原選手は「まったくタイミングが合わなかった」と話すと、根尾選手も「腕を振ってストライクギリギリに持ってきていた」と話した。8回を投げて8安打11奪三振3失点、完投して敗れたものの、「ベストピッチです。日本一のチームにこれだけ投げられて、成長できたと思うけど悔しいです。」と話した。

山田投手は1年生の時に141キロを記録すると、2年の夏の甲子園前には147キロを記録する左腕として注目された。しかし、昨年の甲子園では東海大菅生戦で2回途中で6失点していた。今年冬はトレーニングを積み、球速も大きく伸びるかと思われたが、春の大会では、フォームのバランスや感覚が合わず、球速もそれほど出ずに制球もまとまらなかった。

今夏の富山大会では148キロを記録、しかし制球に苦しみ、もがきながら投げていた印象もある。しかし甲子園に入ると制球が安定し、130キロ台中盤から後半の球で空振りを奪い抑えることができていた。

今後について

今後について山田投手は「今まで日本一を目指してやってきた。ゆっくり時間をかけて考えたい」と話し、明言はしなかった。それでも吉田監督は「彼の野球人生は続くと思うので、甲子園での経験を生かしてほしい」と話した。

フォームと指にかかるストレート、そして大きく曲がる変化球も良かった。球速という点で驚かせることはなかったものの、まだ体は鍛えられる余地もあり、伸びしろは大きい。完成度で言えば富山商時代の森田駿哉投手にはまだまだ及ばないものの、プロに行って鍛えてほしいと個人的には思う。

2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

8回無死一塁の藤原からは「一番いい打者だし、真っすぐで勝負しようと」。138キロで空を斬らせ、ガッツポーズも飛び出した。吉田真監督は「高校に入ってからのベストピッチング」とねぎらった。最速148キロ左腕だけに、進路が注目されるが「これから、ゆっくり考えたい」と話すにとどめた。

 プロ注目のエース左腕・山田が、聖地で開花した。富山大会までは球威、制球力ともに不安を残していたが、今大会3試合を通じて調子は急上昇。最速144キロをマークし、大阪桐蔭戦では抜群の制球力で11三振を奪った。山田は「やることは、やりました。あとは胸を張って、富山に帰りたい」と充実の表情を見せた。

切れのある直球とスライダーで五回までに10奪三振。三回は中川に逆転の2点二塁打を浴びたが、藤原、根尾を連続三振に仕留めた。「絶対に負けたくなかった。自信になった」と胸を張った。
プロからも注目される今後について「今はまだ。ゆっくり考えたい」と話すにとどめたが、吉田監督は「彼の野球人生は続くと思うので、甲子園での経験を生かしてほしい」とエールを送った。


PAGE TOP