【2022センバツ】星稜の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は、星稜の注目選手。

スポンサーリンク

注目したい選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:マーガード真偉輝投手

186cm90kgの恵まれた体があり、高校1年時から130キロ後半の威力ある球をなげていた。2年時は変化球を使う総合的な投球を見せたが、最速は141キロと期待より速くなっておらず、この冬は球速アップに取り組んでいるという。やはり140キロ中盤は記録してほしいと思わせる体や素質がある。

注目度B:武内涼太投手(新2年)

183cmの右腕投手で、中学時から注目されると、入学してその4月に142キロを記録し期待を集めている。現在は最速は143キロ、ややフォームのバランスに課題があり、昨秋は不安定な投球だった。それでも公式戦7試合25回で28奪三振を記録しており、力を示している。

注目度C:荒木陽翔一塁手

引退する3年生との紅白戦で力を見せ、秋はレギュラーとなり、打率.382を記録、二塁打も多く勢いのある打撃をする。

注目度C:角谷飛雅三塁手

打率.390、10試合で3盗塁を記録するなど、昨秋の打撃の中心選手となった。遠投110mの肩や守備での動きなどをチェックしたい。

注目度C:永井士航外野手

昨夏に2年生で出場していた選手で、50m6.0秒の足と遠投100mの強肩。秋は調子が悪かったが四球を選んで出塁して盗塁するなどチャンスを作った1番バッター。

注目度C:近藤真亜久捕手(新2年)

183cmの大型捕手で、フットーワークの良さに定評があり、現在は控え捕手だが、期待されている。

注目度C:斉賀壱成遊撃手(新2年)

1年生ながらショートのレギュラーとして出場した。毎年、星稜の遊撃手は注目選手がおり、斉賀選手も思い切りの良い打撃も含めてチェックしたい。

注目度C:中山敦投手(新2年)

177cmの左腕投手で、球速は130キロ中盤だが球のキレが魅力の投手。良い球の割合を増やし、試合で力を見せたい。

チーム

投手はマーガード投手、武内投手が素質は非常に高く、マーガード投手は実戦経験を生かして打たせてとるピッチングができる。武内投手も持っている素質は素晴らしく、センバツでどのような投球を見せるか。中山投手など控えの投手も力がある。

攻撃は例年の強打線に比べると、ホームラン数などの少ないチームだが、1番・永井選手が出塁し、斉賀選手、若狭選手、角谷選手と6番の荒木選手の主軸で得点を挙げる。秋は好調だった選手、不調だった選手がいるが、選手層の厚さで勝てるチーム。

投手が4点までに抑え、打線が5、6点を奪う。犠打も駆使して1点1点を確実に奪って行けるか。投手や守備が粘りを見せられるかがポイント。

星稜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント