高松商・浅野翔吾選手に3球団視察しDeNA「また見たいと思わせる」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

春季高校野球四国大会が開幕し、高松商で高校通算44本塁打を放つ浅野翔吾選手が登場、1回にタイムリー二塁打を放った。

スポンサーリンク

高いフライ

この日は松山商と対戦で、浅野翔吾選手は初回、1アウト二塁の場面でインコースのストレートをたたき、打球は左中間に落ちる先制タイムリー二塁打となった。この日は、フライアウト2本、そして7回には左打席でファーストゴロとなり、4打数1安打だった。

「詰まっていました。しっかり振れた。あそこまで飛んでよかった。三遊間に打つ。速い打球を打とうと思いました」と話した。7回は今年から本格的に挑戦しているスイッチヒッターとして左打席に入ったが、「相手がサイドスローだったので、左でいこうと思いました」と話した。

この日は横浜DeNA、阪神など3球団4人のスカウトが視察をしたが、横浜DeNAの進藤編成部長は「高いフライを打ったけど、滞空時間が長かった。パンチ力を感じられる。体の力がありそう。また見たいなと思わせてくれる選手」と評価した。

力強い打撃でのホームランだけでなく、50m5秒台の足に肩も強く、外野だけでなく投手やショートも守れる。左打席でもホームランを放ったこともあり、本当に底知れないアスリートで、これからさらに注目が集まっていくだろう。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-四国のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
高校44発プロ注目の高松商・浅野翔吾、フライアウトにも非凡さ「パンチ力感じる」スカウト評価 - 高校野球 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補で高校通算44本塁打の高松商・浅野翔吾外野手(3年)がパワフルな打撃を披露した。##head##--【スコア】高校野球「春季四国大会」速報>>… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

▽DeNA進藤編成部長(浅野を視察)「(フライアウト2本で)高いフライを打ったけど、滞空時間が長かった。パンチ力を感じられる。体の力がありそう。また見たいなと思わせてくれる選手」

高松商・浅野 伝統校対決で魅せた適時打 昨年イチロー氏から指導 今秋ドラフト候補/デイリースポーツ online
 「春季高校野球四国大会・1回戦、高松商7-0松山商」(23日、JAアグリあなんスタジアム) 四国大会が23日に開幕し、17年ぶりに春の愛媛県を制した松山商と、高松商の伝統校対決が実現。今秋のドラフト候補で、高校通算44本塁打の浅野翔吾外野手(3年)を擁する高松商が初戦でコールド勝ちを収めた。

いきなり浅野が見せた。初回1死二塁、内角の直球に詰まりながらも左中間最深部へ運ぶ適時二塁打で先制。「詰まったが押し込めた」。七回には左打席に入り、昨秋から本格的に取り組む両打ちも披露。大会前に負傷した右太ももが万全ではない中、阪神を含む3球団のスカウトにアピールした。DeNA・進藤編成部長は「パンチ力を感じた。また見たいと思わせてくれた」と評価した。

プロ注目高松商・浅野翔吾、イチロー氏金言「疲れたときも全力で振る」でフルスイング適時二塁打 - 高校野球 : 日刊スポーツ
四国大会が開幕し、春夏甲子園4度優勝の高松商(香川)が松山商(愛媛)との伝統校対決を8回コールドで制した。今秋ドラフト候補で高校通算44本塁打の浅野翔吾外野手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【高校野球】高松商が松山商との伝統校対決制す 高校通算44発のプロ注目スラッガー・浅野翔吾が先制打
 昨夏の甲子園に出場した高松商(香川)が松山商(愛媛)に大勝した。高校通算44本塁打を誇るプロ注目スラッガー・浅野翔吾主将(3年)は「3番・右翼」で先発し、0―0の初回1死二塁で左中間へ先制打を放った
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント