健大高崎・清水叶人捕手が二塁送球1秒7台の強肩見せる

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

春季高校野球関東大会で関東第一に敗れた健大高崎は、プロ注目の清水叶人捕手が、二塁送球1秒78の強肩を見せた。

スポンサーリンク

二塁送球1秒7台

二塁への送球が1秒78を記録する健大高崎の清水叶人捕手、この日はリードでは関東第一を抑えきれず5回コールドで敗れたものの、4回に見せた二塁送球ではスタンドをどよめかせた。

長打力もある清水選手は、この日は4回の第2打席でライト前ヒットを打ち、2打数1安打だった。試合後には「投手だけでなく自分も悪い。カウントの作り方がよくなかった」とリードの反省すると、打撃でも第一打席でライトへのファウルフライに打ち取られた場面を振り返り、「キレのあるボールでもしっかり打ち返さないといけない」と話した。

この日は複数球団のスカウトが視察をしており、清水投手の肩もチェックしていたとみられる。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-関東のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】高崎健康福祉大高崎5回コールド負けもプロ注目の清水叶人 が強肩披露
 高崎健康福祉大高崎(群馬2位)は関東第一(東京1位)に2本塁打されるなど8安打10失点。打線も左腕・桝川颯太(3年)の前に2安打に封じられ、完敗を喫した。ただ、4番の清水叶人捕手(3年)は4回の第2

4番の清水叶人捕手(3年)は4回の第2打席でチェンジアップを引きつけて右前安打。4回の守備では最速1秒78を誇る二塁送球でスタンドをどよめかせ、存在感を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント