夏の高校野球・山口大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球山口大会、下関国際の左右の2枚看板がともに140キロ中盤を記録し、楽しみな存在。ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は下関国際が優勝し、宇部商が準優勝。4強に岩国商と宇部工業が入った。

春は宇部工が優勝し、下関国際が準優勝。高川学園と西京が4強に入っている。

選手などを見ると下関国際が優勝候補となりそうだが、力のある宇部工業に、岩国翔、宇部翔、高川学園、西京、宇部鴻城、早鞆なども優勝争いに絡みそう。下関国際をターゲットに各高校が挑みかかる。

注目選手

下関国際の仲井慎投手は178cm73kgの右腕投手で、最速は146キロを記録する。ショートとしても守備が良く、足も注目されている選手で、将来どのように成長していくのか楽しみ。同じく古賀康誠投手は180cm85kgの左腕投手で最速は145キロを記録する。春に登板がなく状態が心配されるが、投球ができればかなり注目されるだろう。

その他の選手

下関国際は制球力の良い松尾勇汰投手も140キロを記録し、2年生の方ヶ部諒久投手も140キロの球に力がある。167cm71kgの賀谷勇斗選手は小柄だが力強い打撃をする。182cmの大型外野手・赤瀬健心選手は俊足の持ち主。

宇部工の上田優太投手は、177cm70kgの右腕で140キロを記録、スライダーのキレも良く三振を奪う。遊撃手の山田桃也選手は瞬発力を生かした守備に注目。

高川学園は178cm右腕の林優真投手が140キロ台を記録し、2年生の徳原丈二投手もキレの良い130キロ中盤の球を投げる。そして遊撃手の山大輝選手は甲子園でも圧巻の足を見せており、足のスペシャリストとしてドラフト指名の可能性もある。

早鞆は142キロを記録する津田悠平投手と腕がしなる179cmの左腕・栢一平投手の左右の2枚看板が楽しみ。宇部鴻城は180cm84kgの堤颯斗投手が本格派右腕投手として注目され、現在は130キロ後半だが、球速アップが期待される。下関商の楠井悠太投手は169cmの左腕投手だが、140キロのストレートは威力十分、鋭い球を投げる。

光高は2年生の升田早人投手が球威ある球を投げており、180cm86kgの大型捕手で強肩が注目される寄本朔哉選手とのバッテリーが楽しみ。山口鴻城の西田颯希投手も球威を見せる。徳山高専の藤井陸矢投手も135キロを記録し、投打にチームの中心選手。桜ヶ丘高の宮城功和投手は181cmの右腕で最速は140キロを記録し、制球も良く隠し玉として注目したい。

西京の松並稜大選手は191m91kgの大型スラッガーで、飛距離の出る打撃と、大股で走る走塁に迫力がある。豊浦高の岩城亜斗夢選手は180cm82kgの大型捕手で、強肩強打に注目が集まる。岩国商の宮重翔選手は169cm70kgと体は大きくないが、強肩では県のトップクラスに入る。南陽工2年の斉郷竜馬選手は遊撃手として強肩が注目され、投手としても球速を出してきそうだ。

2022年度以降-高校生-山口県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント