盛岡中央・齋藤響介投手が152キロ1安打完封、6球団11人視察し千葉ロッテなど高評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

盛岡中央の150キロ右腕・齋藤響介投手が、自己最速を更新する152キロを記録し。視察した6球団11人のスカウトにアピールした。

スポンサーリンク

1安打完封

この日は盛岡中央の齋藤響介投手と、花巻南の143キロ右腕・柿澤佑多投手との投げ合いとなり、6球団11人のスカウトが視察に訪れた。3日連続の雨天延期となっていて、待ち望んだ試合となった。

齋藤投手は177cm72kgと大きくない体だが、次々と140キロ後半のストレートを繰り出す。そして2回に自己最速を更新する151キロを記録すると、3回には152キロを記録した。9回に156キロの表示があったが、スタンドのスカウトのスピードガンでは144キロで、「多分バグっていうか。違うと思う」と話した。

注目投手同士の対戦だったが、落ち着いていた。2桁三振は当たり前の投手だが、打たせて取る投球で9回1失点、それでも7つの三振を奪い完封で勝利した。「夏の大会で9回を投げきったことがうれしい」と話した。

視察した6球団のスカウトの打ち、千葉ロッテは榎スカウト部長が視察、「春からもスピードが上がり成長している。あの体で力強い直球を投げられることは魅力。出力が上がればもっとスピードが出る」と評価した。

春は1回戦の久慈東戦で8回9失点したが、新型コロナによる調整不足が原因だった。この夏は雨の影響もあり、コンディションが良ければこのくらいの投球をみせる。これから連戦となってゆき、そして強豪との対戦が次々と行われるが、その投球を注目したい。

柿沢投手はプロ、または大学進学

一方、花巻南で185cmから143キロを投げる柿澤佑多投手は、4回から登板して6回を6安打2失点と好投を見せたが、齋藤投手の球に「自分とは格の違うピッチャー。打席で球を見られたことは心に残る」と話した。

進路については「プロと大学、どっちも視野に入れて決めたい」と話し、プロも視野に入れていると話した。

齋藤響介(盛岡中央高校) | ドラフト候補の動画とみんなの評価
2年生で140キロの速球を投げる期待の投手。
夏の高校野球・岩手大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球岩手大会、花巻東に怪物2年生やプロ注目の強打の捕手がいるが、他のチームにも149キロ右腕などプロ注目の選手がいる。ドラフト注目度はA
衝撃の156キロは「多分バグ…」 盛岡中央の斎藤響介が1安打完封 スカウト「もっとスピード出る」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の出場を懸けた地方大会は18日、各地で235試合が行われた。岩手大会では盛岡中央のプロ注目の右腕、斎藤響介投手(3年)が花巻南を相手に先発し、自己最速を2キロも更新する152キロをマークするなど1安打完封勝利。またも東北から怪物投手の誕生を予感させた。

スタンドの誰もがスピードガンにくぎ付け。2回に自己最速を1キロ更新する151キロを投じ、3回先頭の5球目には高めボール球で152キロ。観客のどよめきで球速表示を振り返り「抑える気持ちで思い切り投げたら(最速更新に)いったのでよかった」。6球団11人のスカウトが視察し、ロッテの榎康弘スカウト部長は「あの(細い)体で力強い直球を投げられることは魅力。出力が上がればもっとスピードが出る」と将来性にも期待した。

プロ注目の盛岡中央・斎藤響介が1安打完封、最速更新152キロ記録 2年連続16強導く/岩手 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
昨夏8強の盛岡中央が花巻南を4-0で破り、2年連続で16強入りを決めた。雨天順延が続き、当初予定から4日遅れでの一戦。プロ注目の斎藤響介投手(3年)は、6球団… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
花巻南の最速143キロ右腕・柿沢佑多 6回2失点で敗退…盛岡中央・斎藤は「格違う」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 花巻南のプロ注目の最速143キロ右腕・柿沢佑多(3年)は0―2で迎えた4回から登板し、6回を6安打2失点。立ち上がりだった4回に2失点したが、5回以降は1メートル85の長身から投げ下ろす直球を軸に無失点に抑えた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント