東海大菅生が日大三に勝利しセンバツ出場に王手、148キロ右腕・日當直喜投手が135球粘投

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

秋季高校野球東京大会は準決勝が行われ、東海大菅生が日當直喜投手の投打の活躍で日大三を下し、決勝進出を決めた。

スポンサーリンク

135球

日當直喜投手は190cm95kgの大型右腕投手で、最速148キロの速球を投げる右腕とすて来年のドラフト候補として注目されている。

この日は角度のあるストレートは144キロを記録したものの、日大三の粘りにあい、9回で10安打を許した。それでも粘りの投球で2失点に抑えると、8回には自ら決勝打を打ち、3-2で日大三に勝利した。

昨年秋も準々決勝で日大三と対戦し、その時は先発をしたものの試合は7-8で敗れていたが、「今度は全員でやって、次は勝とう」と話し、この日、その目標を達成した。

9回10安打6奪三振2失点、この投球はセンバツに近づくとともに、日大三に完投したということも、これからのために大きな試合となりそうだ。まだ開花前とも言えそうな大型右腕投手、今日13日の二松学舎大付との決勝でセンバツ出場を確実なものとしたい。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大菅生・日当直喜2失点完投、打ってもV打 チームメートと気合の五厘刈りで昨秋の雪辱 - 高校野球 : 日刊スポーツ
東海大菅生が日大三との接戦を3-2で制し、来春のセンバツ出場と2年ぶりの優勝に王手をかけた。先発の日当(ひなた)直喜投手(2年)が、10安打2失点6奪三振で完… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東海大菅生・日当直喜「うれしい」2失点完投&勝ち越しタイムリー/秋季東京大会
秋季高校野球・東京大会(東海大菅生3-2日大三、12日、神宮)準決勝が行われ、2年ぶりの選抜大会出場を狙う東海大菅生が、日大三に競り勝ち、13日の決勝に進んだ。
東海大菅生・日当135球完投!8回にはV打「たまたま当たってくれた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東海大菅生のエース・日当(ひなた)直喜(2年)が、投打に活躍した。1メートル90の大型右腕は、角度のある最速144キロの直球を軸に10安打を許すも135球で完投勝利。打っては8回に決勝の左前適時打を放ち「たまたま当たってくれた」と笑った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント