修徳の192cm右腕・篠崎国忠投手に7球団が視察、巨人スカウト部長「ずっと追いかけていきたい」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

修徳の192cm右腕・篠崎国忠投手が、専大松戸との練習試合に先発し、6回無失点の好投を見せた。この試合には巨人・中日・阪神・東京ヤクルトなど7球団14人のスカウトが集まり、巨人の水野スカウト部長が高評価をしている。

スポンサーリンク

まだまだこれから

篠崎国忠投手は192cmの大型右腕投手で、最速は140キロ、球に粘りのある投球をし、ポテンシャルの高さが注目されている。

この日はセンバツに出場する専大松戸都の練習試合で、151キロ右腕の平野大地投手と先発して投げあいとなったが、6回を投げて3安打4奪三振無失点と好投した。最速は139キロで凡打の山を築いた。

冬にはフォームを改造し、まだ固まっていないという。「段階的には結構いい感じ。ボールが中盤以降から浮き始めたのが課題。守備が結構勝負どころで取ってくれたので助かった。今日は結果がついてきただけ」と話した。

この試合には7球団のスカウトが視察をしたが、巨人の水野スカウト部長は、「楽しみに、まだまだこれからですからずっと追いかけていきたいなと思っています。体があるし、もっとスピードも上がってくると思う。期待しています」と話し、今年、追いかけていくとした。

篠崎投手は「高卒プロは第一志望」と話し、今年、プロ入りする意思を持っている。「チームの勝ちにつながるようにできることをやって、結果がついてくればアピールにつながってくる」と話した。

大型右腕でフォームも良く、きっかけを掴めば球速がぐっと伸びてくるタイミングがあるのではと思ってみている。これから追いかけ続けたい。

2024年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
修徳の192cm右腕・篠崎国忠を巨人スカウト部長が視察「体があるしスピードも上がってくる」専大松戸相手に好投/デイリースポーツ online
 「練習試合・修徳8-11専大松戸」(7日、専大松戸グラウンド) 修徳のプロ注目右腕・篠崎国忠投手(2年)が先発し、6回3安打無失点4奪三振と好投した。この日は専大松戸・平野とのプロ注目対決とだけあって、阪神や巨人、ヤクルトなど7球団14人のスカウトが視察。センバツ出場校を相手に凡打の山を築き、スカウト陣にアピールした...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント