日本ハムドラフト3位ルーキー・水野達稀選手が代打で決勝打

北海道日本ハムルーキーニュース

北海道日本ハムのドラフト3位ルーキー・水野達稀選手が、9回1アウト1、2塁の場面で代打で登場すると、初球を右中間に運んで決勝となるタイムリー2ベースヒットを放った。

スポンサーリンク

チャンスに強さ

水野達稀選手は、昨年の社会人野球日本選手権でもサヨナラホームランを放つなど、チャンスに非常に強い打撃を見せる。

この日の巨人との練習試合では、3−3で迎えた9回1アウト1、2塁の場面で、右中間に落ちるタイムリー2ベースヒットで決勝打を放った。その後も野村選手、万波選手、杉谷選手にタイムリーが出て打線に火をつけた。

新庄監督は「初球のストライクをヒット打ったら、次、スタメンで使うよ」を選手に伝えており、水野選手、野村選手、万波選手、杉谷選手のいずれも初球のタイムリーヒットに、ベンチ前で頭を抱えていた。水野選手は「代打なので、初球から振る準備をするのは当たり前。自分の中でストライクゾーンを広げて打ちに行った」と話した。

この日は代打だったが、遊撃手としてしっかりと育てたい。勝負強い打撃で、きっとチームの中心選手になれるはずだ。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。

BIG BOSSの注文通りに水野打っちゃった、新庄監督激情

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント