日本ハムドラフト5位の畔柳亨丞投手に稲葉GM、新庄監督が注目

北海道日本ハムルーキーニュース

BIGBOSSで盛り上がる北海道日本ハムのキャンプ、この日は1軍は休養日だったが、新庄監督、稲葉GMなどは2軍のキャンプを視察した。

スポンサーリンク

高校時は捕手が捕れずに封印

ブルペンでは昨年の高校野球を騒がせたドラフト1位の達孝太投手、ドラフト5位の畔柳亨丞投手が投げていたが、畔柳投手の投球中に稲葉GMが打席に立った。

その稲葉GMにフォークボールを投げると、それを見ていた新庄監督が「ナイスボール!」と声を挙げ、稲葉GMも「魔球やないか。ナックルフォークみたい。かなり揺れていて、見たことのない面白いボール」と話した。

高校時には捕手が捕れなかったために封印していたというフォークボールで、「無回転でちょっと揺れながら落ちる感じのフォーク。褒めていただいてすごくうれしかった。自分の武器として伸ばしていきたい。シーズン後半くらいから1軍のマウンドに立てるように」と話した。

畔柳投手は昨年のセンバツで素晴らしい投球を見せ、最速151キロの速球を投げる投手として注目されていた。ドラフト会議では5位指名となったが、上位指名でもおかしくない力を持っていると思う。順調に行けば早い段階でファームで結果を出し、シーズン後半には1軍で登板を経験できそうだ。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
休日返上の日本ハム・新庄ビッグボス、〝金の卵〟D1達&D5畔柳に熱視線
日本ハム・新庄剛志監督(50)が17日、沖縄・名護市で行われた2軍の練習を視察した。稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM、49)とともにD5位・畔柳(くろやなぎ)亨…
日本ハム稲葉篤紀GMが絶賛「魔球やないかい」高校後輩の5位畔柳亨丞が無回転フォーク解禁 - プロ野球 : 日刊スポーツ
“魔球”で大先輩を驚かせた。日本ハムのドラフト5位、畔柳亨丞投手(18=中京大中京)が17日、ブルペンで投球練習に臨んだ。途中で稲葉篤紀GM(49)が打席に立… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント