プロ注目の149キロ右腕・谷川昌希投手の九州三菱自動車が都市対抗本選出場

社会人野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

社会人野球都市対抗の九州地区予選で、九州三菱自動車がJR九州に勝利し、最後の本選出場枠を獲得した。149キロ右腕でプロも注目する谷川昌希投手が9回1失点で完投した。

5試合に登板

谷川昌希投手は筑陽学園から東農大でプレーし、2015年に九州三菱自動車に入り今年で3年目、25歳の投手。自己最速は149キロを記録しプロのスカウトも注目をしている。

この九州地区予選では、6月1日の宮崎梅田学園戦で1失点完投勝利、6月3日のHonda熊本戦では2失点完投も敗れた。5日のJR九州戦では4失点しながらも完投勝利すると、6日のHonda熊本戦ではリリーフで登板をした。

そして前日の7日はJR九州との第三代表決定戦でも先発し3回を投げたが雨のためノーゲームとなり、この日8日も先発した。チームの試合はノーゲームの試合も含めて7試合あったがそのうち6試合に登板し、5試合に先発、4試合に完投と、正にフル回転だった。

この日は5日~8日まで4連投という事もあり、「140キロ出ていたかどうか」と谷川投手が話すように、かなりの疲労があった。それでもフォークボールやスライダーを織り交ぜ138球を投げて13三振を奪うピッチングでチームを本選出場に導いた。

目標はプロ、「今はそれしかない」と話す。それを叶えるため、都市対抗本選で快投を見せる。

九州三菱自動車のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

都市対抗本選出場決定速報と注目選手

九州三菱自動車 エース谷川4完投601球報われた 西日本スポーツ紙面 2017/6/9
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント