三菱重工Eastの上野翔太郎投手が勇退

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

三菱重工Eastは2021年限りで勇退する選手10人を発表し、中京大中京やU18代表として活躍した上野翔太郎投手の勇退も発表した。

スポンサーリンク

上野翔太郎

上野翔太郎投手は中京大中京3年時の甲子園で、初戦の岐阜城北戦で9回6安打10奪三振で1失点完投勝利を挙げると、続く鹿児島実戦でも3失点完投勝利を挙げた。3回戦はオコエ瑠偉選手のいる関東第一と対戦し、8回まで0−0の投手戦を演じると、9回にサヨナラホームランを浴びて0−1で敗れたものの、甲子園のスターとして非常に注目を集めた。

実力も非常に高く、140キロ中盤の速球は伸びが非常にあり、ストレートで空振りを奪えた。日本で行なわれたU18W杯の代表にも選ばれると、韓国戦で先発して7回3安打10奪三振無失点でコールド完封勝利、そして決勝のアメリカ戦では、5回から佐藤世那投手をリリーフして登板すると、9回までの5回を1安打6奪三振無失点に抑えた。

ドラフト候補として注目されたものの、プロ志望届けを出さずに駒澤大に進学した。しかし大学では、その高校3年時に右腕を痛めており、思うような投球はできなかった。それでも4年生の秋に力強い球を見せ、リーグ戦初勝利を挙げて、三菱重工Eastに進んだ。

2年目の今年、上野投手は勇退した。高校時代の輝かしさと大学、社会人時代の苦労の2つを持ち、野球選手ではない次の未来へと進んでいく。

また、常総学院、明治大などで長打力に注目された和田慎吾選手、愛工大名電、関東学院大でプレーした福本裕亮投手なども勇退する。

三菱重工East硬式野球部|2021年勇退スタッフ・選手のお知らせ
2021年シーズンをもちまして、勇退されるスタッフ・選手をお知らせいたします。皆さまの温かいご声援をありがとうございました。ポジション氏名在籍期間投手伊藤 一輝5年投手上野 翔太郎2年投手荒川 一輝5年投手福本 裕亮2年捕手長井 涼5年内野手堤 裕貴5年内野手久保 皓史6年外野手丹野 涼介2年外野手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント