社会人野球日本選手権、ヤクルト1位・吉村投手、ソフトバンク2位・大津投手が好投

社会人野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

社会人野球日本選手権では、東京ヤクルトがドラフト1位で指名した東芝の吉村貢司郎投手、福岡ソフトバンクがドラフト2位で指名した日本製鉄鹿島の大津亮介投手がそれぞれ登板し、その力を見せた。

スポンサーリンク

それぞれ力を見せる

今年の社会人NO.1右腕と注目された東芝の吉村貢司郎投手、ドラフト会議では東京ヤクルトが1位指名をした。

この日はバイタルネットとの試合でリリーフとして8回途中から登板すると、9回までの1回2/3を1安打3奪三振で無失点に抑えた。もともと6点差あったものが2点差まで迫られ、相手に勢いがある中で152キロのストレートを投げ込み、その勢いを止めた。

150キロ前後のストレートと得意のフォークボールで3三振を奪う力投に、この日は東京ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクが視察した。東京ヤクルトは惜しくも日本一を逃したが、オリックスの差として投手力が挙げられる。吉村投手は来年から、日本一奪還のための戦力となりそうだ。

吉村投手は「都市対抗と日本選手権とずっと言っていたので心境の変化はない」と話し、ドラフト指名後初となる登板にも通常通りの投球を見せた。まず、社会人で日本一を手にし、プロ野球での日本一に挑戦する。

また、福岡ソフトバンクがドラフト2位で指名した日本製鉄鹿島の大津亮介投手も、クラブチームチャンピオンの大和高田クラブを相手に9回を投げ、4安打7奪三振2失点とその力を見せた。

初回に先頭から連続死球を与え、ノーアウト1、3塁から併殺の間に1点を失なった。その後は140キロ中盤の速球とカットボールなど多彩な変化球を織り交ぜ、相手打線を翻弄したものの、味方打線が抑えられて0-2で敗れ、社会人野球最後の投球となった。「2年間、主力で投げさせてもらえて、自分が成長できたのはこの2年間のおかげ。感謝しています」と話した。

社会人出身の投手だが、まだ体の線も細く、福岡ソフトバンクもこれから成長する選手と期待をしてドラフト2位で指名した。即戦力となるか、少し育成で時間をかけるかは来年に入り、キャンプやオープン戦で判断されることになりそうだ。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【2022社会人野球日本選手権】1日目の対戦カードと注目選手一覧
本日開幕する社会人野球日本選手権、1日目の対戦カードと注目選手です。選手を絞り込んで記載しています。
【社会人野球】 ヤクルトから1位指名の東芝・吉村貢司郎が好救援「流れを止められるように投げた」
 東芝がバイタルネットを下し、2回戦進出を決めた。ヤクルトからドラフト1位指名を受けた東芝・吉村貢司郎投手は8回途中からマウンドに上がり、1回と3分の2を投げて1安打無失点、3奪三振の好救援を見せた。

9回も150キロ近い直球とフォークを主体に2つの三振を奪うなど無失点。バックネット裏でヤクルト・橿渕スカウトグループデスクが見守る前で圧巻の投球を披露した。

ヤクルトD1位、東芝・吉村貢司郎が好救援 流れを変えた初球の152キロ/日本選手権
社会人野球日本選手権第1日(東芝7-5バイタルネット、30日、京セラドーム大阪)1回戦が行われ、東芝(神奈川)はバイタルネット(新潟)に勝ち、2回戦に進んだ。
【社会人野球】 ソフトバンク2位指名の日本製鉄鹿島・大津亮介が9回4安打2失点も敗戦「感謝しています」
 第47回社会人野球日本選手権が30日、開幕した。 ソフトバンクからドラフト2位指名を受けた日本製鉄鹿島・大津亮介投手が先発。9回を投げて4安打2失点、7奪三振の好投を見せたが、打線の援護がなく敗戦投
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント