ドラフト指名漏れの立教大・山田健太選手「あと2、3年がチャンス」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京六大学は明治大vs立教大の試合が行われ、明治大が勝利して両大学の今季の試合が全て終わった。立教大は優勝の可能性がなく、主将として率いてきた山田健太選手の大学野球も終わりを告げた。

スポンサーリンク

「これが現実です」

この日、山田健太選手は4番ファーストで出場し、4回に犠牲フライを放って一時同点としたものの4打数ノーヒットに終わり、2-4で明治大に敗れて今季の日程を終えた。

山田選手は今季は2本塁打を放つも打率.227に終わった。リーグ通算は85安打で通算打率は.291。本塁打も通算9本で、今季は主将としてチームを率いたものの4年間で優勝をすることができず、「自分がもっと打てれば勝った試合がある。もっと打って、立教を勝たしたかった」と話した。

強打の二塁手として注目され、今年春には侍ジャパントップチームに招集予定だった。侍ジャパン大学代表にも選ばれるなど、大学でトップランクの内野手として評価されており、ドラフト候補としても阪神などが上位候補に名を挙げていた時期があったが、ドラフト会議では名前が呼ばれなかった。

2位指名までならプロ入りという順位縛りがあったという記事もあるが、「これが現実です。あと2、3年がチャンス。今までやってきたことを信じて、後悔しないようやりたい」と社会人からプロ入りを目指す決意を話した。

この悔しさをバネにまだまだ変わっていける選手だと思う。2024年のドラフト注目選手になっていることを期待したい。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年ドラフト会議の主な指名漏れ選手
2022年のドラフト会議が終了しました。主な指名漏れ選手をまとめます。
2022年・侍ジャパン大学代表候補選手一覧
2021年12月の代表候補合宿、2022年6月の代表選考合宿を経て、侍ジャパン大学代表が決定しました。(2022年6月20日) 12月のメンバー、6月のメンバーの表も下に掲載しています。
ドラフト指名漏れ立大・山田健太、学生野球終え社会人へ「これが現実。あと2、3年がチャンス」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
立大の主将としてチームをけん引してきた山田健太内野手(4年=大阪桐蔭)の学生野球が終わった。この日は4回に犠飛を放ち、一時同点としたものの、連敗で終わった。最… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

1年春からリーグ戦に出場し、現役最多の通算85安打を放って2割9分1厘、9本塁打の成績を残した。プロ志望届を提出して指名を待ったが、名前が呼ばれることはなかった。卒業後は社会人野球に進み、ドラフト指名を待つという。「これが現実です。あと2、3年がチャンス。今までやってきたことを信じて、後悔しないようやりたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント