来年のドラフト候補、富士大の鈴木翔天投手が4回2/3で9奪三振、阪神スカウト「上位候補」

富士大, 鈴木翔天

明治神宮大会で、来年のドラフト候補で149キロ左腕の富士大・鈴木翔天投手が登板すると、4回2/3を投げて9つの三振を奪うピッチングを見せた。

足がつって降板

富士大の鈴木翔天投手は左腕で185cmの長身、そして最速149キロの速球を投げ、来年のドラフト上位候補と注目されている。この日は大商大との試合で先発をすると、「緊張もあってつった。」と2回から左足の太もも、ふくらはぎがつった状態になった。それでも5回2アウトまで投げ続け、4回2/3を4安打9奪三振無失点という内容で降板した。

最速は146キロ、右バッターにはチェンジアップ、左バッターにはスライダーを投げ、三振9つはすべて空振り三振だった。キレの良いストレートと変化球に大商大の打者のバットが空を切った。大商大の富山監督は「うちで一番いいバッターが打てなくて、チームに悪い影響が出てしまった。自信をなくしてしまった」と話すほどの内容だった。

この投球に視察した阪神の葛西スカウトは、「直球の質が良くて、右打者の内角へ角度良く入る。スライダー、チェンジアップも左投手として質がいい。体もある。来年のドラフトは上位候補になる」と評価した。

向上高校出身

鈴木投手は向上高校出身で、夏の甲子園で小笠原投手、吉田投手を擁して優勝した東海大相模と神奈川大会決勝で対戦し、その試合で先発をしたものの3回1/3で6安打2失点で降板している。鈴木投手は「また対戦したい」と話し、来年のドラフトでプロ入りして、二人と対戦したいと話した。

次の試合は中一日で東都の東洋大と対戦する。この試合では同じく来年のドラフト候補・甲斐野央投手が登板する可能性もあり(エースの飯田晴海投手登板が有力だが)、その登板にそなえる。

富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

アクシデントの中での好投が、最速149キロ左腕の素質をより際立たせた。鈴木翔は二回途中で左足の太もも、ふくらはぎがつった状態でマウンドに立ち続けた。

 五回2死一塁で左足が限界となるまで、4安打9三振。奪った三振は全て空振りだった。この日の最速146キロの直球と、右打者はチェンジアップ、左打者はスライダーで空を切らせた。

今秋リーグ戦で完全試合を達成した実力の片りんを披露し「悪いなりに投げられた」と安ど。外野手兼任だった向上時代、3年夏の神奈川大会決勝・東海大相模戦で吉田凌(現オリックス)と投げ合った。「また同じ舞台で投げたい」と腕をぶした。


PAGE TOP