立教大・荘司康誠投手が早大封じる粘投、9球団が視察し巨人スカウト「楽しみな投手」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

立教大の151キロ右腕・荘司康誠投手が、早稲田大を相手に8回途中まで9安打を許したものの無失点に抑える粘投で、今季2勝目を挙げた。

スポンサーリンク

蛭間選手を139キロスプリットで空振り三振

188cmの大型右腕投手で最速151キロを記録する立教大・荘司康誠投手は、この日も9球団のスカウトが視察するなど熱い視線を送られている。

早稲田大との対戦は5−0で迎えた8回、1アウト1,2塁のピンチでこちらもプロ注目の外野手・蛭間拓哉選手を打席に迎える。全力で抑えにかかった荘司投手は、139キロのスプリットで空振り三振を奪った。しかし、この後に右足をつり、7回2/3、121球を投げたところで降板した。9安打を許すも無失点に抑える粘りの投球だった。

「先週の東大戦は、役目を果たせなかった。」と8回4失点の投球を反省し、「今週の試合まで、低めへのコントロールを意識してきたが、それをマウンドで表現できた」と制球力を意識した。それでも球速は140キロ後半を記録し、力強さを見せていた。

視察した巨人の織田スカウトは「余力があって、楽しみな投手。今日はランナーを背負っても、粘り強い投球ができていたと思います」と話す。溝口監督も「これまでよりは、低めへ投げようとする意識が見えた」と評価する内容だった。

東京六大学を代表する右腕の成長した荘司投手、優勝の可能性を残し、全国の舞台に出場するために今週を粘り、次週の首位・明治大戦が勝負となる。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
立大が早大に先勝 ドラフト候補・荘司康誠「エースなら完封」8回途中無失点も足つり降板悔やむ - アマ野球 : 日刊スポーツ
立大が、継投で無失点に抑え、先勝した。先発の今秋ドラフト候補右腕・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)が7回2/3を121球で無失点と試合をつくり、2勝目を挙げた。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

優勝のためには落とせないカード。9球団のスカウトが熱視線を送る中、9安打を許しながらも無失点と粘った。巨人織田淳哉スカウトは「余力があって、楽しみな投手。今日はランナーを背負っても、粘り強い投球ができていたと思います」と話した。

立大・荘司、121球の力投「粘ってゼロに抑えられて良かった」/東京六大学
○…優勝の可能性が残る立大は荘司が八回途中までで無失点と好投した。計9安打を許す苦しい投球ながら、要所で球を低めに集めた。121球の力投で勝利に導き「ピンチは多…
【大学野球】 立大が早大に先勝  エース・荘司康誠が8回途中まで無失点の好投
 今秋ドラフト候補の立大・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)が、140キロ台後半の直球にカーブ、スプリットを低めに決め、早大打線を封じた。「先週の東大戦は、役目を果たせなかった(8回途中4失点)。今週の試
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント