【大学野球選手権】東海大北海道の渡部雄大投手は変化球で春6勝

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大学野球選手権に出場する東海大北海道は、エース左腕の渡部雄大投手が春に6戦6勝の活躍を見せており、全国の舞台での投球が注目される。

スポンサーリンク

七色の変化球

渡部雄大投手は北海道出身で、函館港西リトルシニアで130キロを越す球と5種類の変化球を投げる投手だった。しかし、東海大甲府では控え投手、東海大北海道でも昨年秋の3年間で1勝と活躍ができずにいた。

「このままじゃ終われない。真剣に野球に向き合ってみよう」と、野球部寮を退寮して一人暮らしを開始、自分でカロリーを計算した自炊を行い、サプリメントも使って食生活を改善した。また、肩甲骨周りを重点的に鍛えると、左打者のインコースに食い込むツーシーム、カットボールがよくなり、文字通り七色の変化球を投げる投手となった。投球の幅が広がり、一つ一つの球の精度が良くなかったことで、この春は6戦6勝、防御率1点台の安定した投球で、エースとしてチームを全国に導いた。

日下部監督も「ここまで成長すると想像していなかった」と話す左腕エース、全国での投球が注目される。1勝すれば東海大と対戦する可能性もあり、東海大甲府でプレーしていた選手との対戦もあるかもしれない。

大学4年目に大きく飛躍した渡部投手、今後の野球の道も拓ける大会となりそうだ。

大学野球選手権(2022)の出場決定速報
大学野球選手権大会(6月6日~12日)に出場するチームと、主な注目選手を簡単にまとめます。
2022年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】東海大北海道・渡部雄大、七色の変化球で全国1勝へ・・・全日本大学野球選手権6日開幕
 全日本大学野球選手権(6~12日・神宮、東京D=報知新聞社後援)に4年ぶりに出場する東海大北海道は、6日の第3試合(神宮)で環太平洋大と対戦する。急成長を遂げ、春季リーグ戦6戦6勝のエース左腕・渡部

高校時代は控え投手で、大学入学後も昨秋までの3年間でわずか通算1勝。最終学年を迎えるにあたり「このままじゃ終われない。真剣に野球に向き合ってみよう」とグラウンド外での行動を見直した。昨秋のリーグ戦後に野球部寮を退寮し、一人暮らしを開始。毎食カロリーを計算して自炊を行い、5種類のサプリメントを摂取するなどして食生活を改善。日下部憲和監督(69)が「ここまで成長するとは想像していなかった」と驚く進化を遂げた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント