天理大・友杉篤輝選手に巨人スカウト「守備はプロで十分にショートを守れる力ある」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

天理大の友杉篤輝選手を巨人の岸スカウトが視察し、打撃や守備について評価をした。

スポンサーリンク

即戦力遊撃手

この日は優勝を描けた関西国際大との対戦に、友杉篤輝選手は3番ショートで出場し、初回にライト前ヒットを打ったものの、3回1アウト満塁の打席ではサードゴロ、5回1アウト2塁の打席では空振り三振に倒れ、打点を挙げられなかった。

結局試合は0−1で完封負けし、優勝は持ち越しとなった。「自分の責任かなと思う。自分にチャンスを回してくれたのに。良くなっているんですけど、まだまだかなと思います」と話した。

友杉選手は7月に侍ジャパン大学代表としてハーレムベースボールウィークを戦ったが、その後、8月下旬に新型コロナの感染など体調を崩していた。

この日は巨人の岸スカウトが視察し、「走攻守にンバランスのとれた選手。スピードに魅力がある。守備はプロでも十分にショートを守れる力があると思います。」と評価、「8月後半に体調を崩して体重が減ったみたいですが、きょう見ると力強さとか戻ってきたかな。高いレベルで力を持っていると思う」と打撃面での可能性についても話した。

友杉選手は50m6.0秒の足とショートの守備は大学NO.1の評価を受ける。打撃が課題となっているが、2年秋に首位打者を獲得、今年春も打率.447を記録している。春は10盗塁を記録するなど、打撃で力強さが出てくれば、俊足のリードオフマンタイプのショートとして楽しみな選手になる。

ドラフト会議が迫っているものの、「チーム全員で優勝、全国を目指しているので、チームのためにやらないといけないと思っています」と話す。今日の関西国際大戦で勝利か引き分けとなれば優勝が決まる。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
今秋ドラフト候補の天理大・友杉篤輝、4打数1安打 チーム完封負けに「自分の責任かなと思う」【阪神大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇8日 阪神大学リーグ 天理大0―1関西国際大(ほっともっとフィールド神戸) 首位に立つ天理大は優勝の可能性を残す関西国際大に完封負け...

視察した巨人の岸敬祐スカウトは「走攻守にンバランスのとれた選手。スピードに魅力がある。守備はプロでも十分にショートを守れる力があると思います。8月後半に体調を崩して体重が減ったみたいですが、きょう見ると力強さとか戻ってきたかな。高いレベルで力を持っていると思う」と高く評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント