慶応大・萩尾匡也選手がリーグ通算8号ホームラン、日本ハム・稲葉GMが評価

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

春季リーグ戦で5本塁打を放って一気にブレークした慶応大の萩尾匡也選手が、今季も2本目となるホームランを放ち、プロ入りのアピールした。

スポンサーリンク

打球角度が上がってきた

大学3年までホームランは1本のみだった萩尾匡也選手だが、この春に5本塁打とスラッガーとして一気にブレークし、侍ジャパン大学代表にも選ばれていた。

そしてこの秋は30打数14安打で打率がリーグトップの.467、それでも「長打が出ていなかった」と話し、「甘い球を待つ」事を意識すると、この日の8回1アウト1塁の場面でレフトスタンドに狙い通りのホームランを放った。「少しドライブがかかっていたけど、打った瞬間にいくかなと思った」と話した。

プロ志望届を提出している萩尾選手に、この日、視察した北海道日本ハムの稲葉GMは「ああいうところでものにできる素晴らしさを持っている」と評価した。

強打の外野手では中央大・森下翔太選手、中京大・澤井廉選手が評価され、身体能力の高さで日体大の矢澤宏太選手や早稲田大の蛭間拓哉選手が注目されている。萩尾選手も打率を残せる安定した打撃があり、ドラフト会議で指名があるか注目される。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
プロ注目慶大・萩尾匡也が8号2ラン「長打にできる甘い球待つ」自己分析で頭の中を整理 - アマ野球 : 日刊スポーツ
<東京6大学野球:慶大5-0法大>◇第5週第1日◇8日◇神宮慶大のドラフト候補・萩尾匡也外野手(4年=文徳)が、リーグ通算8号となる2ランを放ち、法大に5-0… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
立大が終盤に東大突き放し先勝 リーグ初スタメン安藤碧外V打「自分のスイングができていた」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
立大が終盤に東大を突き放し、先勝した。2-2で迎えた8回1死二、三塁、リーグ初スタメンの安藤碧外野手(3年=明石商)が追い込まれてから低め直球にくらいついて中… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

日本ハム稲葉GMが東京6大学を視察した。慶大・萩尾、立大・山田と6大学を代表するスラッガーが本塁打を放ち「2人ともすばらしい本塁打だった」と話した。萩尾については「ああいうところでものにできる素晴らしさを持っている」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント