明桜・風間の先輩、埼玉武蔵ヒートベアーズの長尾光投手に6球団7人スカウト視察しDeNAが評価

2021年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

埼玉武蔵ヒートベアーズの長尾光投手が巨人3軍との試合に先発し、4回2安打4奪三振1失点の好投をみせた。この試合には6球団7人のスカウトが視察をしている。

スポンサーリンク

4回1失点

巨人3軍と対戦した長尾光投手は、初回にウレーニヤ選手にホームランを浴び、「初回だったので、力みが失投につながってしまった」と反省したものの、その後に修正をし、キレの良いスプリットとスライダーを織り交ぜ、抑えていく。

3回には再びウレーニヤ選手との対戦となったが、「次は絶対に打たれない」とスライダーでサードゴロに打ち取った。

4回を投げて2安打4奪三振1失点、「ホームランを打たれたけど、その後はよかった」と手応えを掴んだ投球だった。

長尾投手は昨年、明桜高の投手としてプロのスカウトから注目された。プロ志望届を提出したものの指名漏れとなり、BCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入った。最速は147キロと高校時代と変わっていないが、「キレが増したことで速く見えるようになり、勢いがつきました」と話す。この日はプロを相手にその力をみせた。

この日は6球団7人のスカウトが視察をしたが、横浜DeNAの河原スカウトディレクターは「真っすぐとスライダー、スプリットの駆け引きがうまい。そのコツを持っている投手はなかなかいない」と評価した。

明桜は、後輩の風間球打投手が今年注目され、ドラフト上位での指名が有力となっている。この日、その後輩がプロ志望届を提出したが、長尾投手は「今年、もし自分が指名されれば、風間と同時にプロに行ける。一緒に行きたいですね」と話した。

「NPBでプレーして将来はメジャーでプレーしたい」と話し、1年でドラフト指名解禁となる独立リーグを選んだ長尾投手、今年のドラフト会議での指名が注目される。

2021年度-独立リーグ・海外投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-BCリーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この試合、6球団7人のスカウトが視察。DeNAの河原スカウトは「真っすぐとスライダー、スプリットの駆け引きがうまい。そのコツを持っている投手はなかなかいない」と評価。後輩の風間はこの日、プロ志望届を提出した。長尾は「今年、もし自分が指名されれば、風間と同時にプロに行ける。一緒に行きたいですね」と熱望。昨年はプロ志望届を提出するも指名されず。「1年でも早くプロに行きたい」とBCリーグを選んだ。「NPBでプレーして将来はメジャーでプレーしたい」。大きな夢を抱き、この秋、再びドラフトに挑戦する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント