DeNA,ドラフト1位・上茶谷大河投手に指名あいさつ

上茶谷大河

横浜DeNAは、ドラフト1位で指名した上茶谷大河投手に、三原球団代表などが指名あいさつをした。ラミレス監督からは来年11勝、4年で40勝という目標を与えた。

来年11勝

ドラフト1位指名した上茶谷大河投手に、DeNA・三原球団代表などが指名あいさつを行った。ラミレス監督は欠席したが、「来年、11勝取れるように頑張って」とメッセージを送った。

横浜DeNAは2015年ドラフト1位の今永投手が1年目に8勝、2016年ドラフト1位の濱口投手が1年目に10勝、そして今年、ドラフト1位ルーキーの東克樹投手が11勝を挙げており、上茶谷投手にも11勝が期待されている。また、ラミレス監督は「11勝挙げれば4年間で通算40勝。そうすればすごいこと」と、ドラフト1位年目の投手で4年間で40勝すればすごいこと話している。

京都学園出身の上茶谷投手は、京都にある立命館大の東投手と面識があり、東投手から電話で「がんばれよ」とメッセージが入った。上茶谷投手は「東さんは巨人キラーといわれて、データが取られている中でも抑え続けた。自分もそうなりたい」と話し、1年目で11勝を挙げることを目標とした。

三浦投手コーチが就任し、また歴代のドラフト1位投手たちが上茶谷投手にいいアドバイスを送る。良い流れを続けて行きたい。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧

電話で「頑張れよ」と激励された上茶谷は「東さんは巨人キラーと言われて、データが取られている中でも抑え続けた。自分もそうなりたい」と、自らもGキラーを襲名するほどの勝負強い投手になると誓った。


PAGE TOP