DeNAがドラフト5位指名の専大松戸・深沢鳳介投手と、契約金3000万円、年俸530万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト5位で指名した専大松戸の深沢鳳介投手と、契約金3000万円、年俸530万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

専松の先輩に

深沢鳳介投手は右横からインコースへ食い込むストレートや、カーブ、スライダー、チェンジアップなどの変化球を巧みに投げ、センバツでは中京大中京を相手に好投し、夏の甲子園では優勝候補の明豊を完封した。制球力の良いサイドハンドとして活躍が期待される。

この日、仮契約を交わすと、目標として横浜DeNAの平良拳太郎を挙げ、自らの現状について「スピードがない。キレと変化球だけでは限界が来ると思うので、球速を上げつつ、さらにコントロールを高めていきたい」と話した。現在は間食をとり、体を大きくしているという。

専大松戸からは、日本ハム・上沢投手、福岡ソフトバンク・高橋礼投手といった投手がプロ入りし、上沢投手はエースとして球界を代表する投手となっている。専大松戸の持丸監督は「しっかりと覚悟をもってプロの世界へ行きなさい」と話し、深沢投手を送り出す。

まだ体の線が細いが、球速は140キロ中盤を記録している。プロではまず体を強くして、ストレートのアベレージで143キロくらいにしたい。1年間はじっくりと鍛えてゆきたい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

177センチ、74キロでスライダー、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を操り、コースに投げ分ける抜群の制球力が武器。目標にはチームで先輩となる同じ横手投げ右腕、平良拳太郎を挙げ「(平良のような)スピードがない。キレと変化球だけでは限界が来ると思うので、球速を上げつつ、さらにコントロールを高めていきたい」と意気込んだ。

DeNAドラ5深沢 緊張も最高潮、ホテル高層階での契約に「プロ野球選手になる実感」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAからドラフト5位指名された専大松戸の深沢が契約金3000万円、年俸480万円で仮契約を結んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント