東北楽天がドラフト1位指名・立教大の荘司康誠投手を公表

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース スカウト会議

東北楽天は10月18日にスカウト会議を開き、立教大の荘司康誠投手を1位指名することを決め、石井GM兼監督が公表した。

スポンサーリンク

「他の球団の兼ね合いを考えたのではなく」

石井GMは都内のホテルで行われたスカウト会議を終えると、オンラインの取材に応じてドラフト1位指名で立教大の荘司康誠投手を指名すると公表した。「将来的にも主戦で投げられる。また、長く先発の屋台骨を構築してくれる選手」と話した。

これで7球団目のドラフト1位指名公表となったが、「トレンドに乗った話ではないです」と話し、「いつも当日まで決めかねたりということもあったんですけど、早い段階で決まったので」と話した。そして、「他の球団との兼ね合いを考えたわけではなく、ポテンシャルとしては競合する投手」と荘司投手を高く評価しての1位指名となった。

東北楽天は田中投手、岸投手、則本投手などベテランの先発投手陣がチームを支えており、若き先発投手の獲得を目指していた。荘司投手は154キロの速球を投げ、まだ成長途中にある投手で、リリーフとしての良さも感じさせるが、先発で定着させたい。

2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【楽天】立大・荘司康誠を1位指名 最速157キロ右腕 1位公表は7球団目「トレンドに乗った話ではない」
 楽天・石井一久監督兼GM(49)が18日、オンラインで取材に応じ、20日のドラフト会議で立大の荘司康誠投手(22)を1位指名することを公表した。1位指名選手の公表は7球団目。最速157キロを誇る本格

この日、都内のホテルで行われたスカウト会議後、石井監督兼GMはオンライン取材で立大のエース右腕、荘司の1位指名の方針を明かした。巨人、ソフトバンク、西武、日本ハム、広島、オリックスに続き7球団目となった公表については「トレンドに乗った話ではないです」と前置きした上で「いつも当日まで決めかねたりということもあったんですけど、早い段階で決まったので」と説明。本番2日前にスカウト陣との意見が一つにまとまったことを要因に挙げた。

【楽天】立大・荘司康誠投手を1位指名へ 石井監督が公表「長く先発の屋台骨を構築してくれる」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
楽天石井一久GM兼監督(49)が18日、オンラインで取材に応じ、20日のドラフト会議で立大・荘司康誠投手(4年=新潟明訓)を1位指名すると公言した。この日都内… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
1位指名公表、異例の7球団目 楽天は立大・荘司投手 石井GM「長く先発の屋台骨を」/デイリースポーツ online
 楽天・石井一久GM兼監督(49)は18日、20日に行われるドラフト会議で、立大の荘司康誠投手(22)を1位指名すると公表した。「ポテンシャルというところは、将来イーグルスの中でも主戦投手として活躍してくれると思います」と1位指名決断の意図を語った。これで1位指名を公表したのは巨人、広島、オリックス、ソフトバンク、日本...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント