日本ハムがスカウト会議、金足農・吉田輝星投手を「非常に高い評価をしています」

藤原恭大, 根尾昂, 吉田輝星

北海道日本ハムは23日、都内でスカウト会議を開き、ドラフト候補を約90人に絞り込んだ。金足農の吉田輝星投手については「担当も非常に高い評価をしています。」と話し、球団としても高い評価をしていることを話した。

球団としても評価

スカウト会議を終え、大渕スカウト部長は吉田輝星投手の評価について問われると、「担当も非常に高い評価をしています。球団としても、僕個人も、非常に能力が高い選手だなと思います」と話し、「プロという決断をするなら、我々は現在、高い評価をしている」と、プロ志望届を提出した際には、ドラフト上位候補として指名候補に入れていることを明らかにした。

吉田投手には担当の白井スカウトが以前より金足農に通っておりマークをしていた。そしてこの夏の変化について、「以前は全て全力で投げていたが、今回の甲子園ではピンチでギアを上げるなど、投手としてのレベルも上がった」と話した。さらに、白井スカウトは「顔がいい。あれだけ注目されるのも、よく分かる」と話し、実力とともにスター性についても評価している。

北海道日本ハムはドラフト会議で、「その年のNO.1の選手を指名する」方針を貫いている。そしてこれまで、中田翔選手、斎藤佑樹投手、大谷翔平投手、清宮幸太郎選手と、実力とともに注目度も含めてNO.1の選手を指名してきている。

根尾選手も評価

またこの日のスカウト会議では、大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手も高く評価した。根尾選手については、「両方見ています。能力を最大限見たい」と話し、投手・野手の二刀流として見ている事を話した。

今年は根尾昂選手、小園海斗選手、藤原恭大選手と、実力・人気とも、それぞれのタイプやポジションでNO.1と評価できる選手がいるが、投手では吉田投手がNO.1になってきた。ドラフト会議では1位指名の可能性も出てきており、まずはプロ志望届の提出を待つ。

2018年ドラフト指名予想
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
北海道日本ハムファイターズのドラフト会議

リストアップはされていた。担当の白井スカウトが足しげく金足農へ通い、吉田の視察を繰り返してきた。同スカウトも「以前は全て全力で投げていたが、今回の甲子園ではピンチでギアを上げるなど、投手としてのレベルも上がった」と評価。さらに「顔がいい。あれだけ注目されるのも、よく分かる」と闘志を前面に出す姿にも言及した。


PAGE TOP