日本ハムがドラフト9位指名のNTT東日本・上川畑大悟選手に指名あいさつ、スカウト「手品師のよう」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

北海道日本ハムは、ドラフト9位で指名したNTT東日本・上川畑大悟選手に、担当の坂本スカウトなどが指名あいさつをした。

スポンサーリンク

手品師のよう

上川畑大悟選手は倉敷商から日本大でプレーし、日大時代から内野手の守備に定評があった。NTT東日本では特に守備の職人として注目され、昨年もドラフト候補として注目されていた。

今年のドラフト会議で北海道日本ハムの9位で指名されたが、担当した坂本スカウトは「グラブにボールが入っていくように見える。手品師のよう」と話し、上川畑選手も「ゴールデングラブ賞を取りたい」と話した。

北海道日本ハムは課題の二遊間が固定できず、特に打撃の部分で弱さが見える。今年のドラフト会議では3位でも同じ社会人の遊撃手で打撃のあるJR四国・水野達稀選手を指名しており、上川畑選手はまずは社会人ルーキーとのポジション争いをすることになるが、上川畑、水野の二遊間の可能性も考えられる。

また坂本スカウトは「去年はあまり思うような結果が出なかった。今年は本人も研究して守備が売りだった選手が打撃も力が付いてきた」と話す。上川畑選手には打撃のほうでどれだけチームに貢献することができるかがポイントとなる。粘り強く、足も使ってファイトを見せ、貢献してゆきたい。

2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

守備面は同スカウトが「グラブにボールが入っていくように見える。手品師のよう」と絶賛するほどの高レベル。「ゴールデングラブ賞を取りたい」と宣言した上川畑は、稲葉GMに“弟子入り”して攻守でチームを引っ張る存在になってみせるんじゃ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント