日本ハムがスカウト会議、ドラフト1位指名候補が12人&北海道関係の候補は13人

2022年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース スカウト会議

北海道日本ハムは今年2回目となるスカウト会議を沖縄県名護市で開き、今年のドラフト会議の指名候補約130人をリストアップした。

スポンサーリンク

ドラフト1位候補は12人

リストアップした130人の指名候補の中から、ドラフト1位候補として12人をリストアップし、大渕スカウト部長は「ピッチャーと大学・社会人が多めだった」と話した。

北海道日本ハムは、その年の1番評価した選手、ポジションや高校卒などに関わらずに1位指名する方針をしてきたが、初めてGMとしてドラフト会議を行う稲葉GMも、その方針に変更がないかの問いに、「もちろん」と話した。

今年のドラフト候補で現時点で上位に名前が挙げられそうな選手12人を予想すると、現時点でドラフト上位候補は野手が多めで、浅野翔吾選手(高松商)、矢澤宏太選手(日体大)、蛭間拓哉選手(早稲田大)は挙がっていると見られる。

ただし、「投手と大学・社会人が多め」と話していることから、大阪ガスの河野佳投手、東京ガスの益田武尚投手、富士大の金村尚真投手、上武大・加藤泰靖投手、白鴎大・曽谷龍平投手、東洋大の羽田野温生投手、東芝の吉村貢司郎投手なども挙がっているかもしれない。

残り2人は高校生の日本文理高の田中晴也投手、近江・山田陽翔選手などだろうと見られる。

また、地元北海道に関連した選手は13人がリストアップされたという。今年は北海道に関連したドラフト候補が多く、高校生では苫小牧中央の斉藤優汰投手と新海翔投手、東海大札幌の門別啓人投手と唐川侑大捕手のバッテリー、室蘭栄の住吉壮野投手、知内の坂本拓己投手と馬躰光瑛投手、センバツに登場するクラーク記念国際の辻田旭輝投手と山中麟翔投手などが挙げられる。

大学生では東農大北海道の伊藤茉央投手、函館大の村田澪斗投手、北洋大の後藤晟投手、北海道大の宮澤太成投手、星槎道都大の松下壮悟選手、社会人では日本製鉄室蘭シャークスの遠藤暉世己投手や北海道ガスの大城祐樹投手なども挙げられているかもしれない。

これから、この日リストアップした選手を中心に、東京スポニチ大会、センバツ高校野球大会、大学春季リーグ戦などでチェックをしていく。

2022年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-北海道学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-札幌学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-北海道地区のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本ハムがスカウト会議 130選手リストアップ、1位指名候補には12選手
○…日本ハムは17日、沖縄県名護市内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向けて130選手をリストアップし、1位指名候補には12選手を挙げた。大渕スカウト部…

日本ハムは17日、沖縄県名護市内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向けて130選手をリストアップし、1位指名候補には12選手を挙げた。大渕スカウト部長は1位候補について「投手が少し多い。大学、社会人が多かった」と話した。

日本ハムがスカウト会議を開催 1位候補は12人で全体では約130人をリストアップ - スポニチ Sponichi Annex 野球
  日本ハムは17日、沖縄県名護市内で今秋ドラフト会議に向けたスカウト会議を行い、12人の1位候補を含む約130人(北海道関連は13人)をリストアップした。

取材に応じた大渕隆スカウト部長は、1位候補について「ピッチャーと大学・社会人が多めだった」と説明。稲葉篤紀GMは、その年で一番と評価した選手を1位指名する球団の方針に変更はないかと問われ、「もちろん」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント