阪神、清宮幸太郎選手を1位指名、金本監督も同意

清宮幸太郎, 早稲田実

阪神は早稲田実の清宮幸太郎選手のプロ志望表明を受けて、四藤球団社長がドラフト1位指名することを明言した。今年のドラフト会議で12球団最初の1位指名公表となる。

金本監督も同意

四藤球団社長はこの日、清宮幸太郎選手のプロ志望会見を見た上で、「既定の方針なので。クジ引きになると思いますけど、1位で指名させてもらおうと思っています。」と話し、清宮選手の1位指名を明言した。

阪神は最終的にドラフト1位指名を監督が決定するが、四藤氏は「監督とも話ましたけど、それでいきましょう、と」と話し、金本監督も同意していることも明らかにし、1位指名が清宮選手で確定した。

阪神は2015年は高山俊選手、2016年は大山悠輔選手を1位指名しており、3年連続での野手の1位指名となるが、「承知の上で決めています。注目されている中で111本も打っているわけですから。ズバ抜けた存在なので。将来性、素材、スケールの大きさでね。4番というのは、ウチの大きな補強ポイントですし」と話した。

阪神は補強ポイントとして左腕投手を挙げており、抽選で外した場合やドラフト2位では、立命館大・東克樹投手、明治大・斉藤大将投手などを指名しそうだ。JR東日本の田嶋大樹投手はオリックスなどが1位指名の公算が高く獲得は難しい。

阪神タイガースのドラフト会議

指名について「既定の方針なので。クジ引きになると思いますけど、1位で指名させてもらおうと思っています。ぜひともね。監督とも話ましたけど、『それでいきましょう』と」と説明。坂井オーナー、金本監督とも同じ意向で、早期の1位指名方針が固まった。


PAGE TOP