侍ジャパンU18代表、清宮選手ホームランもカナダに敗れる

清宮幸太郎, 田浦文丸

侍ジャパンU18代表は、W杯スーパーラウンドのカナダ戦に4-6で敗れ、勝敗を2勝2敗となって決勝進出への戦いは崖っぷちとなった。清宮幸太郎選手がバックスクリーンのホームランを打ち、田浦文丸投手はこの日も抜群のピッチングを見せた。

清宮選手ホームラン

清宮幸太郎選手はこの日、1-3と点差を開かれた5回の裏に、逆風の中をセンターバックスクリーンに当たるホームランを放ち、高校通算本塁打を111とした。これで流れは日本に傾き、6回にはノーヒットながら2点を奪って逆転に成功した。

しかしその後、エラーからカナダに逆転されると、その後はチャンスで清宮選手に打席が回るが、タイムリーは出なかった。この日は小園選手がエラー、またバッテリーミスも多かった。

投手もリズムに乗れず

この日はエースと期待の徳山壮磨投手が登板したものの、初回先頭打者に四球を与える。この回は無失点に抑えたが、2回も先頭打者への四球から2点を失い、3回に四球を与えたところで降板した。この日はストレート、変化球とも調子が良くなかった。

2回1アウトからは先発の一角・山下輝投手が登板、四球を与えながら2回は抑えたが、5回に2アウトからエラーや四球で満塁のピンチを背負い降板する。3番手はこちらも先発の一角・川端健斗投手が登板すると、初球でいきなり押し出しの死球を与え1-3としてしまう。その後は得意の変化球で三振を奪ったが、7回に味方のエラーからピンチを招き降板した。

清水達也投手がリリーフをしたものの、四球や暴投、タイムリーヒットを浴びて3失点、1アウトも取れずに降板する。そして今大会もキーマン・田浦文丸投手がマウンドに上がると、2回1/3をノーヒット、6奪三振の完璧な投球を見せようやく落ち着きを取り戻したが、時すでに遅しだった。

5投手で9四死球、暴投や振り逃げなどバッテリーのミスもあり、守備のリズムも乱れた感じがあった。

1右 藤原恭大  4-0 0打点
2遊 小園海斗  5-1 1打点
3三 安田尚憲  5-2 0打点
4一 清宮幸太郎 5-2 1打点 1本塁打
5左 櫻井周斗  3-2 0打点 2四球
 走左伊藤康祐  0-0 0打点
6指 中村奨成  5-1 0打点
7捕 古賀悠斗  4-2 0打点 1四球 
8中 丸山和郁  2-0 0打点
 打中増田珠   2-0 0打点 
9二 西巻賢二  3-1 1打点 1四球

徳山壮磨 2回1/3 3安打 3奪三振 3四球 2失点
山下輝  2回1/3 1安打 3奪三振 3四球 1失点 
川端健斗 2回0/3 1安打 4奪三振 1死球 3失点
清水達也 0/3    1安打 0奪三振 2四球 0失点
田浦文丸 2回1/3 0安打 6奪三振 0四球 0失点

侍ジャパンは次の韓国戦で勝ったとしても、決勝に出場できるかはわからない。しかし勝って進出の可能性を残したい。

侍ジャパンU18日本代表選手


PAGE TOP