札幌大谷・菊地吏玖投手が11奪三振無失点、中日など5球団スカウト視察

札幌大谷, 菊地吏玖

南北海道大会の札幌ブロックでは、札幌大谷が東海大札幌と対戦し、7回コールド7-0で勝利した。エースでプロ注目の菊地吏玖投手が144キロを記録し、7回を完封した。

強豪を抑える

東海大札幌(旧東海大四)は昨年夏の南北海道大会準優勝校だが、菊地吏玖投手を中心とした札幌大谷が圧倒した。菊地投手は試合前の投球練習ではあまり良くなかったというが、「マウンドに上がると直球が伸びてくれた」とストレートの伸びを自らも感じ、ストレートで勝負をしていく。自己最速の144キロも記録し、7回を投げて4安打11奪三振の素晴らしい投球で無失点に抑えた。

また打撃でも見せた。0-0の3回1アウト1塁の場面で、「何も考えずに振ったら入ってくれた」と、インコースのストレートを軽く振ると、打球はライトスタンドに運ばれた。高校通算9本目のホームランで打線も勢いづき、その後、7点を奪った。

5球団スカウト注目

菊地投手は183cm83kgの大きな体がある右腕で、プロも注目をしている。この日は中日など5球団のスカウトが視察し、中日の八木スカウトも「ポテンシャルが高い、良い選手」と評価した。

昨年秋の全道大会1回戦で、旭川実と対戦し、18安打8失点で初戦敗退した。その悔しさから大きく成長した菊地投手、甲子園への夢をつなぐのと同時に、プロの門をたたくところまで来ている。

2018年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

気迫を押し出し、強豪に立ちはだかった。札幌大谷の右腕・菊地が自己最速の144キロ直球を主体に、7回を散発4安打11奪三振無失点。「(試合前の)ブルペンでは感覚が違ったが、マウンドに上がれば直球が伸びてくれた」。プロ5球団のスカウトの前で、三塁を踏ませない快投。東海大札幌打線をねじ伏せ、中日の八木スカウトも「ポテンシャルが高い、良い選手」と賛辞を贈った。


PAGE TOP