北海道栄・才木海翔投手が6安打10奪三振1失点、5球団視察

北海道栄, 才木海翔

最速145キロを投げる北海道栄の才木海翔投手に5球団のスカウトが視察に訪れた。

顔が小さくてイケメン

才木海翔投手は181cm69kgでまだ線が細いものの、球速は145キロを記録し、チームメイトからは「顔が小さくてイケメン」と言われている。

16日の函館大有斗戦では、9回136球を投げ切って6安打10奪三振1失点に抑え、完投勝利を収めた。サイズが最も小さい帽子をかぶっていてもまだ大きく、投げると帽子が飛ぶ才木投手、「飛んだら体重移動がしっかりできている証拠」と話し、この日は50回近く帽子を飛ばした。

この日は5球団のスカウトが視察したプロ注目右腕、甲子園まであと3勝となっている。

2018年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

長い手足を大きく使い、右腕を振り下ろした。北海道栄のプロ注目右腕・才木が直球にスライダー、カーブを交え、9回6安打1失点で完投。プロ5球団のスカウトの前で三振も10個奪い、初戦突破に導いた。「全てはチームのため。とりあえず一つ勝てて良かった」。最速145キロの怪腕は、照れくさそうにほほ笑んだ。


PAGE TOP