星槎国際湘南・松下壮悟選手、見事な47号本塁打も敗戦、進路は「分からない」

星槎国際湘南, 松下壮悟

星槎国際湘南の松下壮悟選手が、高校通算47号の3ランホームランを放ち、横浜高校に先制をしたが、逆転で敗れた。進路については明らかにしなかった。

高校通算47号

松下壮悟選手はこの日、1回1アウト1,2塁の場面で打席に入ると、横浜高校先発のエース左腕・板川佳矢投手の変化球をバックスクリーン左に放り込み、横浜高校から3点先制するホームランを放った。高校通算47本目だった。

しかし、横浜高校打線が徐々に力を見せ始め、中盤に勝ち越しを許す。それでも味方打線は9回に4点を返し1点差に詰め寄ったものの、8-9とあと1点届かずに敗れた。松下選手は4打数2安打5打点の活躍だった。

試合後に松下選手は、「監督にさまざまな経験をさせてもらった。進路は分からないが、監督と相談して決めたい」と話し、進路については明言しなかった。パンチ力十分の左のスラッガー、守備ではファーストで出場していたが、外野手としての身体能力もあるのではとも思う。その点がクリアされれば、プロ野球に入っても魅力的な選手になるだろう。

2018年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

桐蔭学園を10度甲子園に導いた土屋恵三郎監督に鍛えられた「高橋由伸2世」。聖地を踏むことなく3年間を終え「監督にさまざまな経験をさせてもらった。進路は分からないが、監督と相談して決めたい」と話した。


PAGE TOP