木更津総合・野尻幸輝選手は大学進学へ

木更津総合, 野尻幸輝

木更津総合で投手として、4番としてチームを引っ張った野尻幸輝選手が大学に進学することを明らかにした。

エースで4番

昨年から内野手として注目されていた野尻幸輝選手、今年は持ち前の強肩もあり、チーム事情もあって投手としても投げ、最後の夏は背番号1を背負って甲子園に出場した。

ここまで2試合に先発しエースとして共に8回途中までを投げて敦賀気比戦は1失点、興南戦は無失点に抑え、2年生の根本太一投手にリレーをした。しかしこの日は根本投手が先発し、野尻投手はサードで出場する。

サードからよく声をかけ、投手を支えた。しかし2回にはバント処理を1塁に悪送球し、この回の2失点につながった。「不甲斐ないプレーをしてしまった。申し訳ない」と悔いを残した。

今後について聞かれると、「大学で野手としての技術を磨いて最終的にはプロ」と話し、大学に進学することを明言、今後は投手はせずに野手として技術を磨いていくことを話した。

木更津総合は大学に進学する選手が多いが、昨年のエース・山下輝選手は法政大、峯村貴希選手は日大、一昨年のエース・早川隆久投手と3年前にプロ注目だった檜村篤史選手は早稲田大に進学している。法政大か早稲田大進学が濃厚と思われるが、大学で内野手として成長し、4年後のドラフト会議で野尻選手の名前が挙がるのを待ちたい。

木更津総合高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2回無死一塁の守備でもバントの処理で一塁悪送球。この回の2失点につながり「ふがいないプレーで申し訳ない」と口にした。今後の進路について野尻は「大学で野手としての技術を磨いて最終的にはプロ」と明言した。


PAGE TOP