今日から明治神宮大会、高校の部の注目ポイント

奥川恭伸, 石川昂弥, 熊田任洋, 内山壮真, 武岡龍世, 中塚光晴, 森敬斗, 河野佳, 奥村真大, 香川卓摩, 西舘昂汰, 中村敢晴, 鎌田州真, 石鳥亮

今日から明治神宮大会が開幕する。高校の部は2年生を最上級生として各地区で優勝し、来年のセンバツ大会出場を確実としているチームの戦いとなり、来年の高校野球とドラフトの行方を占う大会となる。

注目投手

出場する10校すべてに注目選手がいる。その中で投手で注目されるのは、来年のドラフト1位候補で、現時点で150キロを記録しているBIG5の一人、星稜の奥川恭伸投手。今夏の甲子園で150キロを記録し、U18にも2年生で唯一選出されると、秋の大会でも150キロを記録してチームを優勝させた。下半身主導でフォームは力感もなくコンパクトだが、力強い球を変化球を制球良く丁寧に投げられる。すでに高校レベル1段階上に入っている投手といえる。

他の投手では広陵の河野佳投手が148キロを記録しており、高松商の中塚光晴投手、香川卓摩投手も、ともに上背はないものの140キロ前後のキレの良い球を投げる好投手。筑陽学園の西舘昂汰投手は187cmの身長があり、まだ未完成も144キロの速球を投げる。

この他、龍谷大平安の野澤秀伍投手は安定したフォームから、キレの良いストレートと変化球を投げ、国士舘の山崎晟弥投手は182cmから最速138キロの球を投げる。

注目野手

野手では桐蔭学園の森敬斗選手が注目される。秋の関東大会では1試合2発など3本塁打、勝負が決まる場面で打っている。左バッターでインコースをしっかりと振りぬき、崩されても運んでいく姿は福留孝介選手タイプ。守備でもショートを守り、肩の強さから余裕を持ったプレーを見せられる。

ショートでは八戸学院光星の武岡龍世選手も甲子園で安定した守備を見せ、打撃でも夏の青森大会で2本塁打12打点の潜在能力を秘める。星稜の1年生ショート・内山壮真選手は、甲子園でも素晴らしい体の使い方でショートで躍動した。また打撃では、この秋の北信越大会決勝で途切れたものの、春から公式戦で毎試合ヒットを打ってきた。抜群のセンスがある。

東邦の熊田任洋選手もショートで強い肩を見せ、強い打撃と脚で、OBでDeNAでプレーする関根大気選手よりも上の身体能力と評価されている。また筑陽学園は1年生で183cmの中村敢晴選手が、国士舘も1年生で182cmの鎌田州真選手が守り、ともに守備と打撃で注目されそうだ。

バッターでは東邦の石川昂弥選手が桐蔭・森選手と双璧か。185cmの大型スラッガーで高校通算35本塁打、確実性の高い打撃でヒットの延長がホームランという雰囲気。現在は投手として144キロの速球を投げているが、内野手として守備を見てみたい。

他にも182cmの札幌大谷・石鳥亮選手もパワーある打撃を見せ、1年生でも龍谷大平安の奥村真大選手はチームを近畿チャンピオンに導いた立役者で勢いがある。

注目の対戦

2019年の高校野球で中心チームになりそうなのが星稜だが、今大会では初戦に同じく実力が高いと注目されている広陵と対戦する。八戸学院光星は初戦で東邦と対戦、2017年の夏の甲子園で大逆転劇を演じた東邦に、八戸学院光星がリベンジで燃えている。

今大会で優勝したチームの地区には、センバツへの出場枠は1つ追加される。出場できるかどうかギリギリの所にいる高校は、代表校の勝利を願っているだろう。

明治神宮大会(2018)高校の部の出場チームと注目選手
明治神宮大会(2018)1日目(高校・大学)の対戦カードと注目選手


PAGE TOP