北北海道高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

北北海道高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

片山楽生投手は、2年時の明治神宮大会で130キロ台だがインコースにズバリと決めるストレートを投げていたが、3年になり球速が147キロまで伸びてきた。驚異の伸びに球速が付いてきており、非常に楽しみな投手。

同じく白樺学園の奥村柊斗投手は191cmから143キロの速球を投げるが、きれいに運ぶホームランも魅力で長距離砲としての期待も高い。1番を打つ川波瑛平選手もバットが最短距離で出て、ヘッドも鋭い打球を打てる。足もあり3拍子揃った選手。

クラーク国際の浦崎翔投手は、172cmだが80kgとしっかりと鍛えられた体から最速144キロの速球を投げる。

その他の選手

武修館の中谷晃選手は強肩ショートとして注目され、投手としても140キロを記録する。遠軽の市川竜輝選手もショートで高い身体能力が注目され、パワーのある打撃も魅力。白樺学園の宮浦柚基選手も、明治神宮大会で健大高崎の下投手からホームランを放つなど注目された。上背はないがバットがしっかりと出る。セカンドの二ツ森学選手の守備も注目される。

帯広大谷の木島広輔投手は180cmの左腕投手、長い手足を生かして、腕が見えにくいフォームから、腕をしっかりしならせて投げられる。球速が出てくれば非常に楽しみ。一塁手の生天目陸選手は、180cm90kgのパワフルな打撃を見せ、北海道屈指のスラッガーと呼び声も。

旭川龍谷の山岸雅希投手も178cmから137キロの速球と多彩な変化球を投げる。帯広農の井村塁投手も135キロを記録する投手で、甲子園交流戦も含めて注目される。遠軽の甲田健太投手も体重が10kg以上増え、球に力が出てきた。北見工の松田大輝投手は上から投げ下ろすストレートが魅力。

帯広農の水上流暢選手は昨秋に打率.667、19打点、1本塁打の活躍を見せており、夏も大暴れを期待したい。別海の遊撃手・坂本晴斗選手も守備での動きがスムーズでシャープな打撃も見せる。

2年生では旭川実の田中楓基投手が期待される。177cmから1年時に142キロを記録、1年時には失点を重ねるなどまだ成長途中の投手だったが、それを財産に成長しそうだ。

2020年度以降-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント