大阪偕星学園が初戦敗退、ダビッド選手、デラクルーズ選手はプロ志望表明

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

大阪偕星学園が初戦で敗退し、ドミニカから留学のダビット・バチスタ・モレノ選手とワーネル・マニュエル・リンコーン・デラクルーズ選手はプロ入りと日本の大学に進学する事を話した。

スポンサーリンク

高校野球初

ダビット・バチスタ・モレノ選手とワーネル・マニュエル・リンコーン・デラクルーズ選手は高校野球初のドミニカからの留学生で、1年時から話題となっていた。

昨年は新型コロナの影響で夏の大会がなくなり、3年生となった今年に甲子園出場を目指したが、初戦で三国丘に4-14で6回コールドで敗れた。

ダビッド選手はレフトで出場し5回にホームランを放つなど、持ち前のパワーを見せた。デラクルーズ投手は3回1アウト2塁の場面で登板をしたものの、2四球で3失点、1アウトしか取れずに降板した。

デラクルーズ投手は、「あかんかった。テンポが速く、力が入って制球ができなかった」と涙を流した。ダビット選手は「しんどかったけど最後まで頑張った。楽しかった」と涙を流さなかった。

二人は進路について、「めっちゃ、プロへ行きたい。誘いがあったらどこでも行きます。アカンかったら大学進学。日本の文化や野球をもっと学び、そこからプロになって、家族を喜ばせたい」と話していたが、この日の試合後にも「日本のプロに行きたい。無理なら日本の大学で」と話した。

どこかの大学で、二人のパワフルな打撃と投球が見られるだろう。

大阪偕星学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・大阪大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球大阪大会、例年よりは少なく見えるものの、ドラフト上位候補の選手もおり、大阪桐蔭だけでなく他のチームでも注目選手がいる。ドラフト注目度はA。

背番号1のワーネル・マイケル・リンコン・デラクルーズ(3年)は、3回1死二塁から2番手で登板し、1死しか取れず2四球3失点で降板。「あかんかった。テンポが速く、力が入って制球ができなかった」と頭を抱えて泣き崩れた。日本語が流ちょうな2人は日本での進学を希望し、将来はプロを夢見る。「しんどかったけど最後まで頑張った。楽しかった」とダビッドは一切、涙を見せなかった。

大阪偕星学園 ドミニカ留学生の短い夏終わる モレノ主将「日本のプロに行きたい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大阪偕星学園のドミニカ共和国からの留学生、ダビッド・バティスタ・モレノ主将の夏が終わった。
高校球界初の大阪偕星学園“ドミニカンコンビ”最後の夏…「めっちゃプロへ行きたい」(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)
 高校球界初となる2人の“ドミニカン留学生”が最後の夏に燃えている。今日16日開幕の「第103回全国高校野球選手権大阪大会」に大阪偕星学園の主将で、右の大砲、ダビット・バゥティスタ・モレノ外野手(3
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント