山梨学院高・榎谷礼央投手が143キロ、5回1失点投球で逆転コールド

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

秋季高校野球関東大会では、山梨学院が拓大紅陵に逆転勝利、エースの榎谷礼央投手がリリーフで登板し5回1/3を1失点に抑える好投を見せ、チームに勢いを与えた。

スポンサーリンク

逆転コールド

この日、山梨学院は山田投手が先発したものの、3回途中までに2失点してエースの榎谷礼央投手が登板する。

榎谷投手は「チームに流れを持ってこようと思って投げました」と、自己最速を2キロ更新する143キロを記録した投球を見せる。すると打線はその裏に1点を奪い、6回には一挙5点を奪って逆転した。8回にも5点を奪い、12-3でコールド勝ちを収め、エースの投球が流れを変えた。

榎谷投手はこの夏も背番号1をつけて登板した。バランスの良いフォームで、まだ線は細かったが、バネのありそうな体から130キロ後半の力のある球を投げていた。センバツに出場することになれば、大会の好投手の一人となりそうだ。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

エース右腕・榎谷礼央(れお=2年)は3回途中から登板し、5回1/3を3安打1失点。自己最速を2キロ更新する143キロを計測する力投を見せた。「チームに流れを持ってこようと思って投げました」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント