宮城2強時代復活へ、東北高のハッブス大起投手・伊藤千浩選手に注目

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

ダルビッシュ有投手などを擁して甲子園準優勝を果たすなど、長く仙台育英と共に宮城の2強として君臨した東北高校、今年は2年のハッブス大起投手と3年の伊藤千浩選手で2016年夏以来の甲子園出場を目指す。

スポンサーリンク

2強時代へ

現在、宮城県は仙台育英が中心になっていると言って良い。中学野球の強豪・秀光中から有力選手が入学し、全国屈指の選手のレベルを持っており、毎年のようにプロ注目選手が複数人存在している。

しかし、かつては東北高がこの仙台育英と2強時代と言われ、佐々木主浩投手、嶋重宣選手、雄平選手、ダルビッシュ有投手などを輩出してきた名門だった。その東北高校も2016年の夏以来甲子園から遠ざかっており、仙台育英の一強と言われているが、今年は2強時代復活の予感をさせる期待の選手がいる。

2年生のハッブス大起投手は185cm83kgの長身右腕で最速は142キロを記録するが、昨年は1年生で夏の宮城大会に登板し、その角度あるストレートが注目された。秋も宮城大会4試合で14回を投げ、防御率は0.64だったものの、「打たれたのは高めの直球。力で向かうだけじゃダメだと痛感しました」と話し、このオフは3種類の変化球を習得した。

また、3年生の伊藤千浩選手は188cm84kgの右のスラッガーで、1年生の秋から4番で出場をしている。昨年の秋は打率.345を記録したものの、長打力を磨くためにこのオフは1日1000スイングをして打撃を強化し、3月の練習試合解禁からここまで6本塁打を放ち、高校通算を14本とした。投手としても142キロを投げ、富沢監督も、「練習試合での安定感は伊藤が一番」と話す。

ハッブス投手、伊藤投手の長身右腕の2枚看板と、伊藤選手を中心とした打力で、「育英を倒して自分たちの代で甲子園へ行く」と意気込みを見せる。共にドラフト候補としても注目され、伊藤選手は今年の候補としてプロのスカウトも注目しそうだ。

2強時代復活へ、名門高を築き、昨夏に亡くなった若生監督にも、東北高校復活の狼煙を見せたい。

東北高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】東北高「打倒・仙台育英」を掲げる投打の柱、142キロ右腕・ハッブス大起&長距離砲・伊藤千浩
 新年度が始まり、東北地区の高校野球も17日に開幕した宮城をはじめとして新たなスタートを切った。スポーツ報知ではきょうから3回に分け、ブレイクの期待がかかる選手たちを紹介する。第1回は、甲子園春夏通算

チーム1、2を争う長身からスタンドへ放り込むパワーのある右の大砲だ。きょう20日に中部地区1回戦(対仙台工)を控える伊藤は、「チームのために長打を打っていく」と今年初公式戦から快音を響かせる意欲だ。実戦の中で調子を上げていくタイプで、3月の練習試合解禁からここまで6本塁打を重ねて高校通算14本塁打。「入学してからコロナの影響でうまく実戦感覚を養えなかったけど、この春は練習試合を積めているので感覚がいい」と自信を見せる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント