【夏の高校野球】群馬大会は前橋育英・生方碧莞投手、桐生第一・北村流音投手、三塚琉生選手、健大高崎・清水叶人選手など注目

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球群馬大会の組み合わせが決定した。Aシードの前橋育英、Βシードの健大高崎、Cシードの桐生第一などに注目選手がいる。

スポンサーリンク

前橋育英が軸

5大会連続で甲子園に出場している前橋育英が春も順調に勝ち上がりAシードとなった。エース・生方碧莞投手は181cmc87kgの体から140キロの速球を投げ、パワーや身体能力は「チーム一」と荒井監督も認める。主将の岡田啓吾選手と横倉拓実選手はホームランを打てる長打力と共に50m6.0秒を記録する俊足で、足も絡めた攻撃ができる。

Bシードの健大高崎は、二塁送球が1.78秒を記録する清水叶人捕手にプロが注目している。高校通算も22本塁打で打撃でも県のトップランクの選手。小学校6年時のソフトボール投げで71mを記録していたという肩が注目される。

Cシードでは桐生第一に注目。エースの北村流音投手は最速146キロの速球を投げ、昨秋は関東屈指の投手と評価された。その後、調子の良くない状態が続いているが、夏に復活を期待したい。チームでは主将の三塚琉生選手が181cm83kgの体から高校通算30本塁打を打っている。

利根商、前橋商、関東学園大付、高崎、県太田のシード校も打倒3強を目指し、関東学園大付は2年時に142キロを記録した堀越蒼空投手など、好投手が出てくるチームなので注目したい。

2022年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【群馬】6連覇狙う前橋育英は投打ともに高レベル 王者を追うのは「機動破壊」の健大高崎/展望 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
第104回全国高校野球選手権群馬大会(7月9日開幕)の組み合わせ抽選会が16日、県内で行われた。【展望】投打ともに高レベルの前橋育英が県6連覇に挑む。守備の中… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
桐生第一 夏の群馬大会14年ぶりVへ三塚「全てを懸ける思い」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)の群馬大会の組み合わせが決まった。群馬大会では08年以来の夏の甲子園を目指す桐生第一が吉井との初戦となった。6大会連続優勝を狙う前橋育英は2回戦から登場し、高崎東―渋川の勝者と対戦する。
【群馬】高崎健康福祉大高崎「強肩破壊」で7年ぶり夏甲子園挑む 二塁送球1秒78の清水叶人が要 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
高崎健康福祉大高崎が「強肩破壊」で7年ぶりの夏甲子園出場を目指す。「機動破壊」で有名な同校に、強肩強打の扇の要がいる。二塁送球1秒78の今秋ドラフト候補の清水… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント