夏の高校野球・東東京大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

夏の高校野球東東京大会、今年のドラフトで上位指名候補に名前が挙がる選手は現時点ではいなさそうだが、来年が楽しみな大型投手がいる。将来が楽しみな選手が投手野手におり、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は二松学舎大付が都大会準優勝、4強に関東第一が入った。

春は関東第一が都大会で優勝し、準優勝も二松学舎大付。4強には帝京も入った。

関東第一が優勝候補、二松学舎大付が対抗で、帝京が3番手という形となりそうだ。

注目選手

関東第一の井坪陽生選手は、177cm86kgの外野手で、U15代表を経験している。投げては144キロ、打っても高校通算25本塁打を超え、50m6.0秒の足もある。特にこの春はホームランを量産し、1ランク上の段階に入ってきた印象。

二松学舎大付の瀬谷大夢選手も50m6.2秒の足があり、外野手として広い範囲を守り切る。打撃でもうまくヒットを打ったかと思えばパンチ力で長打を放ち、ランナーでもセンスを非常に感じさせる。チームに一人欲しい選手だろう。

日大豊山の狩野光晴捕手は、二塁送球が1.81秒を記録する強肩と、50m6.0秒で素晴らしい走塁を見せ、プロのスカウトが注目する。

ここからは来年の注目選手。

帝京高の2年・高橋蒼人投手は、178cm81kgと体ができあがってきて、この春に145キロを記録、国学院久我山を完封するなど実績を残した。バランスが良く、きれいなフォームで投げる帝京らしい投手で、来年のドラフト注目投手となりそうだ。

修徳高の2年・篠崎国忠投手は192cm85kgの大型右腕投手。球速は140キロに乗った所で、スライダーや2種類のフォークボールを磨いている。明大中野の中村海斗投手も中学時から注目された投手で、187cm97kgの体から140キロの速球を投げる。二人はこの春に対戦しており、ライバルとして成長が期待される。他にも2年生投手で、雪谷の御園拓摩投手も186cmの長身右腕投手として注目したい。

その他の選手

関東第一はエース候補の成井颯選手が、球速が140キロに乗ってきた。もともと制球力が良く、低めに投げて安定した投球が持ち味だったが、力も加わってきた感じ。球を受ける富岡大阿捕手も強肩では都で1,2を争う。打線では50m5.9秒の柳瀬冬和選手や三浦麟選手などの俊足選手も活躍するのが関東第一スタイル。

二松学舎大付は、千葉ロッテにドラフト4位で指名された秋山正雲投手からエースを継いだ同じ左腕の布施東海投手と、2年生で179cm78kgの右腕から141キロの速球を投げる大矢青葉投手が主戦となり、大矢選手は50m5秒台の足やパンチ力もあり打撃でも期待される。同じく50m5秒台の俊足で打率を残し、チャンスに非常に強い親富祖凪人選手も良い働きを見せる。

帝京は1番でシャープなスイングから通算20本塁打の長打力もある小島慎也選手、4番で都を代表するスラッガーの渡邊礼選手、そして5番でこの春に3本塁打を記録した大塚智也選手が並び、高橋投手など投手陣を援護する。

東海大高輪台は最速144キロの速球を投げ、安定した投球を見せる粕谷裕天投手と、186cm85kgの大型右腕で142キロの速球を投げ、素質十分の宮路空夢投手の2枚はぜひチェックしたい。

安田学園は130キロ後半を記録する山口陽投手の他に複数の投手がおり、河合吾秀選手、小畑泰輝選手、2年生の今井裕治選手などパンチ力のある選手が並ぶ打線も特徴。

雪谷の渡辺顕人投手は183cm75kgの右腕投手で最速143キロを記録、まだまだ出力が出ると期待される。打撃でも良さをみせており、今後注目したい。足立新田の三浦弦氣投手は173cmの右腕投手で、最速143キロの速球とキレの良いスライダーが武器。堀越の加藤宇投手は182cm80kgの長身右腕で球速が142キロを記録し、力を出してきた。

日体荏原の小金井凌生投手は185cm74kgの右のサイドハンド投手で、力が出てきたストレートと得意のスライダーが良い。郁文館の姚柏宇投手は台湾から来た投手で、特徴のあるフォームから130キロ台の球は力がある。

修徳の佐藤大空選手も注目選手、178cm81kgの右の強打者で、森友哉選手のようなフルスイングから強い打球を飛ばし、昨夏は3試合連続ホームランを放った。度胸の座った主軸選手。

2022年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント