八王子・星野翔太投手が押し出し四球など悔い残る敗戦、4球団視察もプロ志望は明言せず

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

148キロの速球を投げ、プロが注目する星野翔太投手がこの日、国学院久我山戦で4番レフトで出場した。

スポンサーリンク

押し出し四球

3−3の5回2アウト1,2塁の場面でマウンドに上がった星野翔太投手だったが、国学院久我山の4番・下川辺隼人選手に勝ち越しタイムリーを打たれる。この回はここまでで抑えると、6回には自らの2ベースヒットなどで同点に追いついた。

しかし6回裏に制球が定まらなくなる。四球を4つ与えて押し出しで勝ち越しを許すとここで降板した。試合は9回に追いついたものの延長10回にサヨナラで敗れた。「チームのみんなに申し訳ないです。仲間にありがとうと伝えたい。押し出し四球が全てです」と話した。

この日も4球団のスカウトが視察に訪れるなど注目が続く星野投手だが、将来について聞かれると、「将来はプロに行きたい。地道に練習して目指していきたい」と話し、プロ志望をするか大学などに進むのかの明言はしなかった。

まだまだ素質を持っていると評価できる星野投手、まずは周囲の評価などを確認しながら自ら進路を決めていく。プロ志望をすれば、育成ドラフトでの指名の可能性があると思う。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・西東京大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球西東京大会、下級生の頃から注目されていた投手が、昨年から今年春にかけて故障や不調により思うような成長の曲線を描けていない。それでも将来性は十分で、ドラフト注目度はB。
最速148キロ八王子学園八王子・星野翔太の夏終わる「将来はプロに」進路はこれから/西東京 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
最速148キロ右腕、八王子学園八王子・星野翔太投手(3年)の夏が終わった。「4番左翼」で先発。3-3の5回2死一、二塁で2番手で登板した。ここで、国学院久我山… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ネット裏には、この日は4球団が訪れた。進路志望を問われた星野は「将来はプロに行きたい。地道に練習して、目指していきたい」と答えた。即プロか、まずは大学などを目指すのか。まだ整理がついていない様子だった。

プロ注目の八王子学園八王子・星野翔太は5回戦で敗退 最速149キロ右腕「将来はプロに」/西東京大会
第104回全国高校野球選手権大会西東京大会(22日、国学院久我山6×―5八王子学園八王子=延長十回、S&D昭島スタジアム)八王子学園八王子のプロ注目の最速148…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント