盛岡中央・齋藤響介投手が花巻東戦で2失点完投勝利、149キロ投球に中日・広島・ヤクルト・ロッテスカウト高評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

152キロ右腕・齋藤響介投手と、高校通算74本塁打の佐々木麟太郎選手の対決が注目された盛岡中央vs花巻東の試合は、盛岡中央が3−2で勝利した。

スポンサーリンク

対決

注目対決は初回から、齋藤響介投手は佐々木麟太郎選手の打席でインコースに厳しい球を投げる。しかし147キロのストレートと佐々木選手が痛烈にライト前に転がした。

4回の第2打席では148キロをつまらせてセンターフライ、5回は144キロのストレートを二塁後方に落ちるヒットとなったが、7回2アウト1塁の場面では119キロの変化球を打たせてライトフライに抑えた。2人の対決は4打数2安打だった。

この日の齋藤投手は最速は149キロ、もともとストレートの伸びがあり、球速が昨年よりもアップしている。このストレートに花巻東の多くの打者が空振りをした。それだけじゃない。カットボール、スプリットなどタイミングを外す変化球も変化が大きくなり、総合力の高い投手となった。

また、初回は送りバントをスピード良く走り込んで捕球すると、サイドスロー気味にセカンドの送球してもドンピシャに二塁手の胸に送球した。その後もマウンド上で躍動感のある投球、そして守備を見せ、花巻東打線をロックした。

この投球を複数の球団のスカウトが視察した。

東京ヤクルト・斉藤スカウト:「ランナーが出ると、握る時間を長くしてタイミングを外している。フィールディングもうまく、投げる以外の部分でもセンスを感じる」

中日・八木スカウト:「疲れている中で自分の特徴を出してくれた。まっすぐで押してカットボールも交ぜていた。投球フォームに無駄がない」

広島・近藤スカウト:「一人で投げた披露もある。夏になってスピードが出てきた。カットボールも良い」

千葉ロッテ・柳沼スカウト:「疲れているのにあれだけの投球ができる。1試合ごとに良くなっている」

これで齋藤選手と佐々木選手の対決は、高校野球では終わった。齋藤選手は「オーラがあって少し怖かったけど、自分の投球ができたと思います」と話した。ともにプロが注目し、プロ入りを目指す2人。次の対決は、同じ球団に指名されなければプロでということになりそうだ。

ついに強豪を倒したことで齋藤投手を推薦する時に、強い説得力を持つことになった。これを更に強くするには甲子園で圧倒的な投球を見せる事、その投球がおこなわれたら、ドラフト2位では残っていない選手になるかもしれない。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岩手大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球岩手大会、花巻東に怪物2年生やプロ注目の強打の捕手がいるが、他のチームにも149キロ右腕などプロ注目の選手がいる。ドラフト注目度はA
盛岡中央・斎藤響介 佐々木麟太郎に2安打許すも「オーラがあったけど自分の投球できた」/岩手 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
盛岡中央の最速152キロ右腕・斎藤響介(きょうすけ)投手(3年)が、今春センバツ出場校、花巻東を相手に9回を投げ9安打2失点で完投勝ち。「最後まで自分の投球が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
また岩手から新怪腕!盛岡中央・斎藤響介、花巻東・麟太郎の夏終わらせ聖地王手 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第104回全国高校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の出場を懸けた地方大会は23日、各地で99試合が行われた。岩手大会の準決勝では盛岡中央が花巻東に勝利。プロ注目の右腕・斎藤響介投手(3年)は“怪物対決”となった佐々木麟太郎内野手(2年)に2安打を許すなど計9安打を浴びながら2失点で完投した。聖地まであと...
盛岡中央が王手!プロ注目152キロ右腕・斎藤、粘投2失点完投「花巻東が勝つと思っている人が多かったと思う」/岩手大会
第104回全国高校野球選手権大会岩手大会(23日、岩手県営野球場)甲子園の出場権を懸けた地方大会が行われ、岩手準決勝ではノーシードの盛岡中央が第1シードの花巻東…

◆ネット裏から視察したヤクルト・斉藤宜之スカウト 「ランナーが出ると、握る時間を長くしてタイミングを外している。フィールディングもうまく、(球質や球速といった)投げる以外の部分でもセンスを感じる」

【岩手】プロ注目の盛岡中央・斎藤響介投手が花巻東に2失点完投 佐々木麟太郎には「少し怖かった」
 岩手大会準決勝が行われ、今春センバツに出場した盛岡中央が花巻東に3―2で勝利。2008年以来、14年ぶりの決勝進出を果たした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント