履正社が甲子園あと一歩で敗退、プロ注目の光弘帆高選手は大学進学

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

高校野球大阪大会は決勝が行われ、大阪桐蔭が履正社に7−0で勝利し甲子園出場を決めた。履正社のプロ注目の光弘帆高選手は「次にステップで」と話し、大学進学をして4年後のプロ入りを目指す。

スポンサーリンク

1安打

光弘帆高選手は今大会5盗塁を決め、準決勝の関西創価戦では決勝の犠牲フライを放つなど、決勝進出に貢献をしていた。ショートの守備の動きやスピード、そしてパンチ力が評価されプロモ注目していた。

この日は、昨年秋、今年春の大阪大会で敗れている大阪桐蔭にリベンジを誓っていたものの、第3打席までノーヒットに抑えられ、チームは4回に4失点するなど、点差をどんどん離されていった。

8回、先頭打者で打席に立った光弘選手は、フルカウントからストレートをセンター前に弾き返して安打を記録、続く打者もヒットで続いた。しかし、大阪桐蔭の好守によって得点は阻まれ、7−0で敗れて甲子園にあと一歩届かなかった。

光弘選手は試合後に「最後まで楽しんでやれた。」と話したが、その後、進路について聞かれると、「悔しい部分があるので、次のステップで」と話し、進学して大学で日本一を目指すことを明らかにした。

プロ入りについても4年後の目標とする。高く評価された遊撃手が大学でどのような成長をしていくのか、見守りたい。

2022年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・大阪大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球大阪大会、大阪桐蔭だけでドラフト指名候補が複数人おり、上位指名の可能性のある選手も少なくない。ただし、他のチームでも今年のドラフト会議で指名されそうな選手がおり、ドラフト注目度はA。

夏大阪で12連敗、光弘4年後プロ − スポーツ報知紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント

  1. 履正社を五回戦から見て応援してました、おつかれさんでした、
    三年生は無念ですね。打倒大阪桐蔭は後輩に託しましょう。
    光弘帆高選手は早くプロで見たいな!
    坂本勇人×源田のような遊撃手になりそうです。