高松商・浅野翔吾選手が大会3本目ホームラン放つの敗戦、プロ志望表明

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

高松商で今大会1試合2本塁打を放っている浅野翔吾選手が、この日の近江戦で山田陽翔投手からもホームランを放った。試合には敗れ、プロ志望届けを提出することを明言した。

スポンサーリンク

3本目

プロ注目の149キロ右腕・山田陽翔投手との対決が注目されたこの日の準々決勝の試合、浅野翔吾選手は1回の第1打席にレフトへ2ベースヒットを打つと、3回の第2打席では146キロのストレートを捉えてバックスクリーンに2ランホームランを放った。「完璧でした」と話した。

また、5回の第3打席でも初球を空振りし「真っすぐと思ったら、ストンと落ちた。さすがだなと思った」と話したが、138キロのツーシームをレフト前に運んだ。そして7回の第4打席は1アウトランナー1,2塁の場面で故意四球を宣告され、「あの場面ではさすがにないやろと思ってたんで、少しビックリしました」と話した。

8回もチャンスで打席が回ったが、山田投手が直前で足を痛めて降板し、星野投手と対戦してレフトフライに打ち取られた。試合は6−7で敗れたものの、山田投手との対戦は3打数3安打1本塁打と圧勝し、「めちゃめちゃ楽しかった」と話した。

試合後にプロ志望届については「出します」と明言し、「パンチ力を生かして、中距離打者としてチャンスを作る選手になりたい」と話した。長尾監督も「もう1つ上の世界で、もっと成長してほしい」と話し、プロ入りを後押しする。

浅野選手は今大会打率.700、3本塁打を記録し、高校通算を67本塁打とした。足も肩でもアピールをしており、ドラフト会議では1位指名が予想される。それは単独指名ではなく競合指名となる可能性も高まった。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【甲子園】負けて伝説作った高松商・浅野翔吾、近江・山田陽翔との初対戦は「めちゃ楽しかった」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
大会屈指のスラッガー、高松商・浅野翔吾外野手(3年)が、負けて伝説を作った。大会NO・1右腕の近江・山田陽翔(3年)から146キロ速球をライナーでバックスクリ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

長尾監督が「もう1つ上の世界で、もっと成長してほしい」と後押しする超高校級スラッガーは、今後、プロ志望届を「出します」と明言した。ドラフトでは1位重複指名の可能性もある。

高松商・浅野がプロ志望届提出を表明 次のステージで「チャンスを作る選手に」/甲子園
第104回全国高校野球選手権大会・第12日第2試合(高松商6-7近江、準々決勝、18日、甲子園)打席では勝ったが、主将としてチームを勝利に導けなかった。高松商の…

進路について「プロ志望届は提出しようと思っています。パンチ力を生かして、中距離打者としてチャンスを作る選手になりたい」と次のステージへの挑戦を明言し、聖地を後にした。

【甲子園】高松商・浅野翔吾が近江・山田陽翔から弾丸バックスクリーン弾 対戦4打席全出塁「楽しかった」
 4強を逃した高松商・浅野は「(点を)取った後の失策だったり、そういうところを(しっかり)しないと強豪校には勝てない」と唇をかんだ。ただ、劣勢を2度追いつき、一時リードを奪う粘りを見せ「後悔はないです
高松商・浅野 8強で幕も「後悔ない」プロ入り明言 近江・山田撃ち3安打2ランで爪痕/デイリースポーツ online
 「全国高校野球選手権・準々決勝、近江7-6高松商」(18日、甲子園球場) 今秋のドラフト上位候補に挙がる高松商(香川)の浅野翔吾外野手(3年)が、8強で姿を消した。世代屈指の好投手・近江(滋賀)の山田陽翔投手(3年)から高校通算67本目の本塁打を放つなど、4打数3安打2打点の活躍。打率・700、3本塁打と大きな爪痕を...
高松商・浅野、伝説残して聖地去る 高校通算67号と「少しびっくり」一、二塁の状況で申告敬遠 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 高松商・浅野翔吾外野手(3年)が18日、近江との準々決勝で世代屈指の右腕・山田陽翔投手(3年)から高校通算67号を含む3安打を放った末に惜敗した。2点劣勢の7回には1死一、二塁でも申告敬遠で勝負を避けられるほどの存在感。今大会10打数7安打3本塁打の足跡を残し、プロ志望届の提出を明言した。
【甲子園】高松商・浅野翔吾 高校通算67号2ランなどプロ注目・山田から3安打、試合後にプロ志望明言 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 3大会連続22回目出場の高松商(香川)が今春の選抜準優勝で4大会連続16回目出場の近江(滋賀)と対戦し、6―7で惜敗。52年ぶりの4強入りはならなかった。今秋ドラフト上位候補の浅野翔吾外野手(3年)は「1番・中堅」で、同じくドラフト上位候補の近江・山田陽翔(はると=3年)投手から中越え2ランを放つなど3安打した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント