152キロ右腕、盛岡中央・齋藤響介投手がプロ志望届提出

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース プロ志望

盛岡中央で最速152キロの速球を投げる右腕・齋藤響介投手がプロ志望届を提出した。

スポンサーリンク

あらためてプロ入りへ

齋藤響介投手は177cm72kgと細いものの、その体から繰り出す最速152キロのストレートは、見るスカウトを驚かせる。また伸びのあるストレートで2桁奪三振は当たり前で、今夏の岩手大会でも盛岡市立戦で19奪三振、決勝の一関学院戦でも10奪三振を記録した。

その岩手大会準決勝では強打の花巻東を9回9安打7奪三振2失点に抑えて勝利をしたが、決勝の一関学院戦では9回9安打10奪三振3失点も2−3で敗れ、惜しくも甲子園には手が届かなかった。

元々プロ志望を口にしていたが、その決勝戦後のインタビューでは「まだこれから長く考えて決めていきたい」と話し、進路についての明言はしなかった。しかし、奥玉監督と面談を重ねて、あらためてプロに挑戦する事を決め、この日、プロ志望届を提出した。

プロ志望届は夏の選手権大会終了の翌日から提出期間が始まり、ドラフト会議開催の2週間前が締め切りとなる。齋藤投手が期間開始日に提出したことで、近日中に高校野球連盟のWEBサイトにも掲載される。

体のサイズについてどのように評価するかということもあるが、ストレートの威力は本物で、ドラフト会議では4位前後での指名を予想する。小さくて細いままでもプロの打者を圧倒的なストレートで抑えるような、独特の存在になりそうで活躍が楽しみだ。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
進路を表明した高校生選手一覧(2022)
最後の夏戦いを終えた高校生で、進路を表明した選手です。
最速152キロ右腕、盛岡中央・斎藤響介がプロ志望届提出 今夏の岩手大会3回戦で19Kマーク - 高校野球 : 日刊スポーツ
最速152キロ右腕の斎藤響介投手(岩手・盛岡中央3年)が23日、プロ志望届を提出した。斎藤は、今夏の岩手大会3回戦で19奪三振をマークするなど、プロ注目の速球… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【高校野球】盛岡中央・斎藤響介がプロ志望届を提出 今夏、花巻東・佐々木麟太郎斬りの152キロ右腕
 岩手・盛岡中央の最速152キロ右腕・斎藤響介投手(18)が23日、プロ志望届を提出した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント